CBD

CBDとは?日本では合法?違法?効果や副作用を分かりやすく解説!

cbd とは

人間の身体に様々な効果・効能が期待できるとされている「CBD(カンナビジオール)」とは、一体何のことを指しているのでしょうか?

結論から言うと、CBDとは大麻草から抽出される成分のことで、日本ではCBDを含んだCBD製品を購入・使用・所持することは合法とされています。

ここでは、CBDとは何かを始め、効果・効能や副作用、依存性・危険性についても徹底解説していくので、CBDについて詳しく知りたいという方は是非最後までご覧ください。

※見ないと確実に後悔します

誰もが吸っているタバコ『ドクタースティック』をまだ試してない方はお急ぎください!
今だけ限定で8,000円引き+全額返金保証付きの破格キャンペーンは終了間近!!

CBD(カンナビジオール)とは?CBDについて解説

cbd とは

CBDとはリラックス効果や不眠軽減効果など様々な病気にも効果・効能が期待されている、大麻草から抽出される成分のことを指しています。

正式名称は「Cannabidiol(カンナビジオール)」になり、略称のCBDとして近年、注目を集めています。しかし、先ほども申し上げた通り、大麻草から抽出される成分になるので「日本では違法じゃないの?」と疑問に思っている方が多くいるのが現状です。

大麻草と聞くと悪いイメージしかありませんが、CBDを含有したCBD製品を購入・所持しても違法にはなりません。ここからは、日本人がイメージしている大麻(THC)とCBDの違いについて解説していきます。

CBDとは:大麻草の「茎や種子」から抽出した成分

CBDとは、大麻草の茎や種子から抽出した成分「Cannabidiol(カンナビジオール)」のことを指します。一括りに”大麻草”と言っても、大麻草のどこの部分から成分を抽出するかで名称や依存性、危険性があるかが異なってきます。

CBDを摂取したからと言って、日本人がイメージする「ハイな気分になる」「キマる」と言った症状が表れることも全くありませんし、使用したからと言って依存性があるわけでも危険性があるわけでもありません。

むしろ、私たち人間の身体機能を調整する効果・効能が期待できる成分として世界各国で注目されています。

THCとは:大麻草の「花穂と葉」から抽出した成分

THCとは、大麻草の花穂と葉から抽出した成分「Tetrahydrocannabinol(テトラヒドロカンナビノール)」のことを指し、日本人が大麻と聞いて真っ先にイメージする「ハイになる」「キマる」と言った症状を引き起こす作用を含んでいます。

日本では同じ大麻草から抽出される成分であっても、どこの部分から成分を抽出するかで合法か違法か変わってきます。テレビや新聞で大麻を所持したとして芸能人や著名人が逮捕されていますが、理由としてはTHC成分を含んだ大麻草を所持しているからです。

海外では大麻を合法化している国もありますが、日本でTHC成分である大麻が合法化されることはほぼ無いと言えるので、間違っても法を犯すことがないようにしましょう。

日本でCBD(カンナビジオール)は合法

cbd 合法

ここまで、CBDとは何か?日本人がイメージする大麻と何が違うのかを解説してきましたが、大麻草のどの部分から成分を抽出するかで使用した際にもたらす効果・効能が異なることがわかりました。

では、日本で厳しく罰則が規定されているTHCを含有した大麻草から抽出されるCBDも同じく違法ではないのか?所持していたら逮捕されてしまうのではないか?と言った疑問が生じてきます。

結論から言うと、大麻草の茎や種子から抽出されるCBD成分は日本で購入・所持しても合法とされているので、捕まることは絶対にありません。

大麻取締法での「大麻」はTHCのことを指す

日本が定めている大麻取締法では、大麻とは下記のように明記されています。

第一条
この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

出典:大麻取締法

先ほどCBDとは何か?について解説しましたが、そもそもCBDとは大麻草の茎や種子から抽出した成分なので日本ではCBDを大麻として明記していないことになり、日本国内でCBDを含んだ製品を購入・所持しても違法にはなりません。

また、日本では産業目的で大麻を使用しても違法行為には当たりません。現に私たちの日常生活で当たり前のようにある唐辛子や衣服にも大麻が使用されています

日本で大麻(THC)を所持・譲受・譲渡することは違法

先ほど説明した、大麻取締法に明記されている大麻とはTHCを含有している大麻草のことを指すので、もちろんTHCが含有された大麻草を所持・譲受・譲渡すると大麻取締法違反に当たり逮捕されます。

また、海外製のCBD製品の中には稀に本来含んではいけないTHC成分が含まれた悪質な製品を販売しているところもあり、実際に海外から知らずに購入して国内で逮捕された方もいます

国内製造で作られたCBD製品は、成分管理も徹底しているので安心して使うことができますが、海外から個人輸入してCBD製品を購入する際は、以下の項目をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

  • 成分表示
  • 国の許可を取得しているか
  • 正規の販売店(代理店)
CBDグミ 違法
CBDグミは違法で危ない?食べ過ぎればキマるのか効果をレビュー!大麻草から抽出される成分を含んだ「CBDグミ」にリラックス効果があると話題ですが、違法で危ない?食べ過ぎるとキマる?等と疑問視されています。今回は実際に最強CBDグミのグリーンブルドッグとプラスウィードを食べ過ぎてみたレビューを行います!...

CBD(カンナビジオール)の効果・効能とは?

cbd 効果 効能

リラックス効果や不眠軽減効果、疾患と言った病気にも様々な効果・効能が期待されるCBD(カンナビジオール)は、世界各国で注目を集めており、日々研究が進められています。

世界保険機関であるWHOもCBDがもたらす効果・効能について科学的根拠を認めた公式な見解を発表していることから、今後様々な病気の治療法として導入される未来も近いことが伺えます。

ここからは世界でも注目されているCBDが、私たちの身体にどのような効果・効能をもたらしてくれるのかを徹底的に解説していきます。

CBDの効果・効能1:身体機能を調整

CBDでは「身体機能を調整」をしてくれる効果・効能が期待されており、今までの臨床実験でリラックス効果やストレス緩和、不眠軽減、疲労回復、美容効果などに効果を発揮すると実証されています。

人間(全ての哺乳類)の身体には身体調節機能と呼ばれる「ECS(エンド・カンナビノイド・システム)」という環境が備わっており、CBDを摂取することでECSの機能向上に働きかけてくれるのです。

要するにCBDを体内に取り組むことは、普段から私たちが生きていく上で欠かせない役割を補っているECSの働きを向上させることに繋がるので、摂取することはメリットしかないと言えます。

CBDの効果・効能2:様々な疾患への治療

CBDは身体機能を調整する以外にも様々な疾患への治療効果も期待できると実証されています

例えば、てんかんの効果的な治療方法として既に実証されていたり、リウマチ関節炎や炎症と言った自己免疫疾患、てんかんと同じアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経疾患、皮膚炎やニキビである皮膚疾患の治療方法として使用できる可能性があります。

また、CBDは日本で死亡率No.1とされている「癌」にも、抗がん作用として期待できることからアメリカを始めとした世界各国で日夜、研究が進められています。

CBD(カンナビジオール)の副作用・依存性・危険性について解説

cbd 依存性

CBD(カンナビジオール)は身体機能の調整や疾患などに効果・効能をもたらすことがわかりましたが、果たして副作用など健康面に問題がないのか気になるところです。

また、CBDはTHCと違い有害成分が少ない大麻草の茎や種子から抽出された成分ではありますが、同じ大麻草から抽出されているので依存性や危険性についても気になっている方は多いことでしょう。

結論から言うと、CBDは副作用がほとんど無い上に大麻(THC)と同じような依存性はありません。危険性についても通常摂取するレベルであれば問題なく使用できます。

CBDの副作用:過剰摂取すると副作用を起こす

CBDは過剰摂取することで以下の副作用を起こす可能性があります

CBDの副作用
  1. 頭痛
  2. 吐き気
  3. 口渇
  4. 血圧低下
  5. 眠気促進
  6. 下痢
  7. 薬物間相互作用

何でも限度があるように、効果・効能が期待できるからと言って過剰摂取することはおすすめしません。CBD製品ごとに推奨された量を守って摂取することで、身体的苦痛である副作用を起こす可能性を低くすることができます。

また薬物間相互作用は現在、薬を摂取している方に限りますが、CBDの成分と相互作用を起こす可能性がある薬も報告されているので、CBDを試す前に担当医に相談してから摂取するようにしてください。

CBDの依存性:今のところ依存性について報告は無い

ニコチンやアルコール、大麻(THC)と言ったようにCBDに依存性があるという報告は今のところ一切ありませんし、過剰摂取したからと言って依存性が高まることもありませんので、安心して摂取することができます。

また、CBDは依存性の高いニコチンやアルコールの依存を解消してくれる効果も期待できるので、むしろタバコやお酒を辞めたいけど中々辞められないという方にピッタリの成分であると言えるでしょう。

依存性がある大麻(THC)と同じ大麻草から摂取できるCBDですが、茎・種子か花穂・葉だけでここまで効果や依存性が変わるのは非常に興味深い内容と言えます。

CBDの危険性:過剰摂取すると危険性がある

CBDの副作用でも説明しましたが、過剰摂取すると副作用を起きる要因を引き出してしまうので、CBDの危険性は過剰摂取をした場合にあると言えるでしょう。

ここでは何度も説明していますが、CBDは私たち人間を始め、全哺乳類の身体機能を調整する働きがあるので摂取したからと言って命に係わる危険性があることは報告されていません。

しかし個人差にもよりますが、アレルギー反応を引き起こす可能性もあるとされています。

日本で購入できるCBDとは?初心者におすすめのCBD製品を5つご紹介

cbd 販売店

今まで、CBD(カンナビジオール)とは何かについてやCBDがもたらす効果・効能を始め、副作用や依存性、危険性について解説してきましたが、ここからは日本で購入できるCBDとは?についてご紹介していきます。

一言にCBDと言っても日本国内で購入できるCBD製品は多種多様に販売されており、摂取方法も製品毎に変わってきます。

ここでは、CBD製品として有名な「CBDリキッド」「CBDオイル」「CBDグミ」「CBDパウダー」「CBDワックス」に分けてCBD製品を紹介していくので、CBD初心者さんは是非参考にしてみてください。

初心者におすすめのCBD製品1:CBDリキッド

CBDリキッド

初心者におすすめのCBD製品「CBDリキッド」とは、電子タバコ(VAPE)を用いて使用するCBD製品になります。CBDを含有したリキッドを気化させ煙として体内に摂取する方法で、喫煙者の方に人気のCBD製品です。

最近ではCBDリキッドが予め入ったポッド型のCBDカートリッジや使い捨てタイプのデバイスも販売されているので、初心者の方でも簡単に扱うことができます。

実際に日本では国産のリキッドも販売されており、ドンキホーテでも販売されている「GREEN BULLDOG(グリーンブルドッグ)グリーンブルドッグ」「+WEED(プラスウィード)プラスウィード」などが有名どころとして挙げられます。

cbd 電子タバコ おすすめ
CBD電子タバコのおすすめは?人気21選の口コミランキング!ストレスや不眠・体調不良に効果があるCBDに、電子タバコがある事をご存じでしょうか?本記事では、CBD電子タバコのおすすめ人気口コミランキングをご紹介!おすすめのCBD電子タバコやCBDリキッドの効果や有害性・副作用を徹底解説していきます。...

初心者におすすめのCBD製品2:CBDオイル

CBDオイル

初心者におすすめのCBD製品「CBDオイル」とは、主に直接口から摂取する経口摂取(舌下摂取)の摂取方法があり、他にも肌に塗ったり、飲食物に混ぜて摂取できたりと様々な摂取方法を選ぶことができます。

こちらのCBDオイルは先ほどのCBDリキッドと違い、特に専用デバイス(機器)も要らないので、手軽にCBDを摂取できる点を考えると初心者の方に特におすすめのCBD製品と言えるでしょう。

CBDオイルも先ほど、紹介したCBDブランド「+WEED(プラスウィード)プラスウィード」で購入することが可能で、安心安全の日本製となっています。

初心者におすすめのCBD製品3:CBDグミ

CBDグミ

初心者におすすめのCBD製品「CBDグミ」とは、CBDを含有したグミタイプのCBD製品です。グミ以外にも飴やコーヒー、カプセルなどに加工された食品系のCBD製品は、他のCBD製品と比べて効果が長く持続するメリットがあります。

また、いつでもどこでも手軽にCBDを摂取できるほか、CBD特有の苦みや味をグミの甘さで緩和しているので、継続のしやすさを含め初心者の方から上級者の方の間でも人気を高めているCBD製品です。

CBDについて気になってるけど、タバコを用いた摂取方法や直接口から摂取する方法に少し抵抗がある方は、CBDグミから始めてみることをおすすめします。ちなみに「GREEN BULLDOG(グリーンブルドッグ)グリーンブルドッググミ」「+WEED(プラスウィード)プラスウィード」のメーカーからもCBDグミは販売されています。

CBDグミ ドンキ
ドンキで買えるおすすめCBDグミ7選!効果がある最強グミとは?最近注目を集めているのが、大麻などに含まれる合法な自然成分「CBD」です。今回は、ドンキホーテで販売しているCBDグミ7選とCBDグミ以外のCBD食品をご紹介します。ドンキのどこの売り場にあるのかや効果がある最強CBDグミなどを解説します。...

初心者におすすめのCBD製品4:CBDパウダー

CBDパウダー

初心者におすすめのCBD製品「CBDパウダー」とは、粉末状のCBD製品のことでCBDパウダー以外にもCBD結晶・CBDアイソレート・CBDクリスタルと呼ばれています。

CBDパウダーは粉末の形状なため摂取方法も他のCBD製品と比べて、舌下摂取・食品に混ぜる・美容品に混ぜる・専用デバイスで摂取など様々な摂取方法を試すことができます。

食品に混ぜて摂取することが可能なので、グミや飴などのお菓子が苦手と言った方でもお好きな食品で手軽にCBDを摂取ができるおすすめのCBD製品と言えるでしょう。

こちらも同様に「+WEED(プラスウィード)プラスウィード」のメーカーから販売されています。

初心者におすすめのCBD製品5:CBDワックス

CBDワックス

初心者におすすめのCBD製品「CBDワックス」とは、特殊な抽出方法で生成されたCBD濃度が他のCBD製品よりも非常に高いCBD製品になります。

摂取方法としては、専用デバイス(ヴェポライザー等)を用いてCBDを含んだ煙を吸う方法になるので、イメージ的にはタバコのようなイメージです。使用方法は簡単なので、初心者の方でも簡単に扱うことができます。

高濃度CBDを是非とも試してみたい!という初心者さんは、初回限定で専用デバイスが無料になる「+WEED(プラスウィード)プラスウィード」で購入することをおすすめします。

CBDとは?日本では合法?違法?効果・効能・副作用について解説のまとめ

今回は、人間を含めた全哺乳類の身体機能を調整・様々な疾患の治療方法として効果・効能が期待されているCBD(カンナビジオール)とは何か?を始め、日本で合法なのか違法なのかを徹底解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

CBDとは、大麻草の茎や種子から抽出される成分のことで、日本では合法とされているほか、副作用・依存性もなく過剰摂取しなければ危険性もないことが判明しました。

また、日本で購入できるCBDとは?についても併せて紹介したので、気になるCBD製品があった方は、是非購入してCBDの効果・効能を実感してみてください!

ABOUT ME
GINO
愛煙家の家族の元で健やかに育ち20歳から喫煙デビュー。メビウスを吸っていましたが、健康被害の観点から全ての加熱式タバコを制覇しました。メインはアイコスですが基本何でも吸います。禁煙も何度か成功しているので、喫煙者側と禁煙成功者視点からタバコ情報をお届けします。
新世代の波に乗るなら『DR.VAPE Model2』公式限定で3,900円OFF!
ドクターベイプモデル2 CTA

累計販売数650万本以上突破中+10人中9人が絶賛する未来のタバコ『DR.VAPE Model2(ドクターベイプモデル2)』は、他では味わえない重量感溢れる吸いごたえを感じられるので、紙巻きタバコから移行する人が続出中の新時代を担ぐ次世代タバコです。

スリムなデバイスからは想像できないキック感で楽天ランキングでは1位.2位を独占!しかも、誰もが知っているあの著名人達もこぞって吸っていることからInstagramを始めとした各SNSでも話題沸騰中です。

今なら3,600円OFF+永久保証付きで買える発売記念キャンペーンを開催中ですが、このお得なキャンペーンは予告なく終了すると公式サイトで宣言していることから損をする前にお急ぎください!