たばこコラム

2021年のタバコの値上げはいつから?いくら値上げされるのか解説

タバコ値上げ 2021 いつから

2021年に値上げすることが確定しているタバコ税について、タバコの各銘柄は「いつから」「いくら」値上げするのかを詳しく解説していきます。

結論から言うと、2021年10月1日に紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコ全てのタバコ税が値上げされることが決定していますが、いくら値上げするかはタバコを販売している会社毎で異なります。

本記事では、2022年までの値上げ予定やタバコの税率についても分かりやすく解説していくので、是非チェックしてみてください。

※見ないと確実に後悔します

誰もが吸っているタバコ『ドクタースティック』をまだ試してない方はお急ぎください!
今だけ限定で8,000円引き+全額返金保証付きの破格キャンペーンは終了間近!!

目次

【いつから?】2021年のタバコ税増税・値上げは2021年10月1日に開始

2021 タバコ税いつから

早速、2021年のタバコ税増税と値上げがいつから開始されるのかを詳しく解説していきます。

結論から言うと、タバコ税は去年(2020年)と同じ2021年10月1日に紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコ全ての種類で値上げが実施されました。

タバコ値上げ2021 全銘柄
《2021年10月》タバコ値上げ銘柄一覧を全563種類総まとめ2021年10月1日に値上げするタバコ銘柄563種類の値段一覧をご紹介します。「紙巻きタバコ」「加熱式タバコ」「リトルシガー」「その他」に分けて、タバコ税増税後の値段を分かりやすくご紹介し、いつからいつまで値上げするのかについても徹底解説!...

財務省が2021年のタバコ税増税は10月と公表

財務省公式サイトにある「たばこ税に関する資料」のページで上記のタバコ税負担見直し案が公開されています。

この資料を確認するに、いつからタバコ税が値上げするかというと2021年10月からで確定していることが分かります。

「赤い線」が紙巻きタバコのグラフで、「軽量葉巻」がリトルシガー・「加熱式」が加熱式タバコを表しています。

2021年は令和3年なので「R3.10」と記載のある場所が2021年10月時点でのタバコ税値上げとなるので、紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコともに値上げする事が分かりますね。

このグラフだけでは少し分かりにくいので、紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコに分けて、いつからいつまで値上げされるのか詳しく見ていきましょう。

いつからいつまで?2021年10月1日の値上げ:紙巻きタバコ

財務省 タバコ税

紙巻きタバコの値上げについては財務省公式サイトで下記の記載があります。

税率の引上げは、消費者及びたばこ関係事業者の予見可能性を高めるため、3段階で1本当たり1円ずつ、合計3円(1箱60円)の引上げを実施します。

出典:財務省

紙巻きタバコは消費者やタバコ関係者への負担を軽減するために、合計60円の値上げを平成30年(2018年)から3回に分けて実施してくれていることが分かります。

要するに、現段階で決まっている紙巻きタバコのタバコ税値上げについては2021年10月の3回目の値上げが最後なので、紙巻きタバコに関しては2022年では値上げの対象外になります。

いつからいつまで?2021年10月1日の値上げ:リトルシガー

リトルシガー 値上げ

リトルシガーは軽量葉巻に含まれるので、いつから値上げしているかというと「令和2年(2020年)10月」と「令和3年(2021年)10月」であることが分かります。

今は税率が安くお得に買えるリトルシガー(軽量葉巻)ですが、2回の値上げで紙巻きタバコと同等の税負担となるように調整されるようです。

つまり、リトルシガーの値上げがいつからいつまでかと言うと2020年から2021年までの2回だけですが、2021年は最後の値上げとなるので1回あたりの値上げ率が高くなる可能性が高いと言えるでしょう。

リトルシガー 値上げ 全種類
《2021年10月》リトルシガー値上げ銘柄一覧を全122種類解説2021年10月1日に値上げするリトルシガー全122種類の値段を一覧でまとめました!販売している会社別に全リトルシガー銘柄の特徴や値上げ後の値段を余すところなくご紹介し、リトルシガーがいつまでいくら値上げするのかについても徹底解説します。...

いつからいつまで?2021年10月1日の値上げ:加熱式タバコ

加熱式タバコ 値上げ

画像を見て分かるように、加熱式タバコは5回に分けてタバコ税を大幅に値上げしていることが公表されています。

また、加熱式タバコの場合は2021年10月(R3.10)の値上げがまだ4回目なので、来年の2022年10月に最後の値上げが実施されます。

つまり、加熱式タバコの値上げがいつからいつまでかと言うと、今年を含む2018年~2022年までの5年間です。

たばこ税増税から脱却!タバコが値上げする前に今乗り換えるべきデバイス

ドクタースティック バナー

タバコと言えば昔は200円ほどで買えたのに今となっては1箱600円の時代が到来しました。年々、税率が引きあがるタバコをそろそろ辞めないとな…と考えている喫煙者も多くいることでしょう。

そこで、タバコが値上げする前に絶対に今乗り換えるべき令和最強タバコをご紹介!今回紹介する「ドクタースティック」はタバコなのに今後も値上げ対象外のタバコなので、値上げに振り回されたくない喫煙者が続々と乗り換え中です。

紙巻きタバコに引けを取らない確かな吸いごたえは勿論のことながら、ドクタースティックなら1箱でタバコ7箱分に換算できるのでコスパも最強です。

しかも今なら定価から8,000円OFFと破格の価格でGETできるキャンペーンを公式サイト限定で実施中です。ただ、このキャンペーンは終了間近なので購入を迷っていると今後も値上げに振り回される喫煙ライフを送ることになりますよ。

【2021年10月】加熱式タバコ値上げ銘柄一覧を全158種類総まとめ2021年10月1日(金)に値上げする加熱式タバコ銘柄158種類の値上げ後の値段一覧をご紹介!アイコス「マールボロ」プルーム「メビウス」グロー「ケント」など人気銘柄を含め全種類を紹介し、2022年まで続く加熱式タバコの値上げについて解説!...

【いくら?】2021年のタバコ税増税はいくらなのかを解説

2021タバコ値上げ いくら

続いて、2021年10月1日に値上げされることが分かったタバコ税について「いくら値上げするのか」を詳しくご紹介します

結論から言うと、2021年のタバコ税値上げ額は紙巻きタバコは20円~50円、リトルシガーは70円~110円、加熱式タバコは10円~30円程度に値上げすることが決まりました。

ここからは、タバコ会社別に紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコの値上げ後の値段を徹底解説していきます。

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:紙巻きタバコ

2021年の紙巻きタバコは増税でいくら値上げするかというと、およそ20円~50円前後です。

財務省公式サイトでは「1本当たり1円ずつ(1箱20円)を3回に分けて1箱60円の引上げを実施します」と記載があるので、2018年・2020年・2021年の値上げで1年間に税率が20円ずつ合計60円上がることが分かります。

しかし、どの銘柄をいくら値上げするかについては各販売元が決めるので毎年50円前後値上げする傾向があります

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:JTの紙巻きタバコ

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
メビウス 540円 580円 40円
セブンスター 560円 600円 40円
アメリカンスピリット 570円 600円 30円
キャメル 450円 460円 40円
※ 2021年10月のJTタバコ値上げ全銘柄一覧はコチラから確認できます。

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:PMJの紙巻きタバコ

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
マールボロ 570円 600円 30円
ラーク 500円 540円 40円
パーラメント 540円 580円 40円
バージニアエス 530円 570円 40円
※ 2021年10月のPMJタバコ値上げ全銘柄一覧はコチラから確認できます。

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:BATの紙巻きタバコ

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
ケント 500円 520円 20円
ケント・エス 480円 500円 20円
クール 530円 580円 50円
ラッキーストライク 560円 600円 40円
※ 2021年10月のBATタバコ値上げ全銘柄一覧はコチラから確認できます。

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:リトルシガー

財務省の公式サイトでは、リトルシガーのタバコ税値上げについて下記の記載があります。

1本当たり1グラム未満の軽量な葉巻たばこについて、紙巻たばことの類似性を踏まえ、紙巻たばこと同等の税負担となるよう、最低税率を設定します(2段階で実施)

出典:財務省

現在、リトルシガーや葉巻タバコは紙巻きタバコよりも税率が低く、安い値段で買えるようになっていますが、2回の増税で紙巻きタバコと同等の税負担になるように調整すると記載があります。

つまり、2021年の2回目のタバコ税増税時はかなり大幅に値上げされるので、70円~110円程度引き上げられています。

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:JTのリトルシガー

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
ピースリトルシガー 580円 650円 70円
キャメルシガー 400円 500円 100円
わかばシガー 410円 500円 90円
エコーシガー 400円 500円 100円

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:PMJのリトルシガー

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
フィリップモリス 380円 480円 100円

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:BATのリトルシガー

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
クールループド 400円 500円 100円
ラッキーストライク 400円 450円 50円

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:加熱式タバコ

加熱式タバコは2018年から5回に分けてタバコ税が増税されていて、2022年まで値上げが続きます

財務省の公式サイトで加熱式タバコについて以下の記載がありました。

加熱式たばこの製品特性を踏まえ、課税区分を新設した上で、課税方式を見直します(5段階で実施)

出典:財務省

要するに、登場したばかりの加熱式タバコは課税区分がしっかりとしていないので5回に分けて徐々に増税しているということです。

なお、加熱式タバコのタバコ税は2022年まで値上げが続くので、2021年の値上げ率がいくらかというと全体的に30円前後の値上げだと言えるでしょう。

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:JTの加熱式タバコ

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
メビウス
プルームテック用
540円 570円 30円
メビウス
プルームテックプラス用
550円 580円 30円
メビウス
プルームエックス用
540円 570円 30円
キャメル
プルームエックス用
500円 0円
※ 2021年10月のJT加熱式タバコ値上げ全銘柄一覧はコチラから確認できます。

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:PMJの加熱式タバコ

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
マールボロ 550円 580円 30円
ヒーツ 500円 530円 30円
テリア 550円 580円 30円
ミックス 500円 510円 10円

いくら?2021年のタバコ値上げ値段:BATの加熱式タバコ

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
ケント
プロ用
480円 500円 20円
ケント
ハイパー用
480円 500円 20円
ネオ
プロ用
520円 560円 40円
ネオ
ハイパー用
500円 540円 40円

2020年のタバコ税増税はいくら値上げされたかを解説

2020 タバコ値上げ率

2021年のタバコ税値上げ額が発表されましたが、去年である2020年10月に実施されたタバコ税増税と値上げ率を下記にまとめました。

2020年も2021年と同じく紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコの全種類が値上げされた年度となっているので、リトルシガーを除き値上げ率に大きな差はないと言えるでしょう。

2020年度:紙巻きタバコ値上げ率はいくらか?一覧表

2020年10月の紙巻きタバコの値上げ率は下記の通りです。

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
メビウス 490円 540円 50円
セブンスター 510円 560円 50円
マールボロ 520円 570円 50円
ウィンストン 450円 500円 50円
アメリカンスピリット 530円 570円 40円
ケント 460円 500円 40円
(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
メビウス 490円 540円 50円
セブンスター 510円 560円 50円
マールボロ 520円 570円 50円
ウィンストン 450円 500円 50円
アメリカンスピリット 530円 570円 40円
ケント 460円 500円 40円

ほとんどの銘柄で40円~50円程度の値上げが実施されたことが分かりますね。

メビウスではオプションパープルの値上げは10円のみとなっており、同じブランドでも値上げ額に差がある銘柄もあります。

2020年度:リトルシガー値上げ率はいくらか?一覧表

2020年10月のリトルシガーの値上げ率は下記の通りです。

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
ピースリトルシガー 550円 580円 30円
キャメルシガー 360円 400円 40円
クールループド 360円 400円 40円
わかばシガー 360円 410円 50円
フィリップモリス 330円 380円 50円
ケント 400円 450円 50円
(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
ピース
リトルシガー
550円 580円 30円
キャメル
シガー
360円 400円 40円
クール
ループド
360円 400円 40円
わかばシガー 360円 410円 50円
フィリップ
モリス
330円 380円 50円
ケント 400円 450円 50円

2020年10月のリトルシガーの値上げ額は、紙巻きタバコよりも値上げ率が低く30円~50円前後となっています。

しかし、リトルシガーを含む葉巻タバコは紙巻きタバコと同等のタバコ税まで引き上げられることが決定したので、2021年の値上げは去年よりも大幅に高い60円以上です。

2020年度:加熱式タバコ値上げ率はいくらか?一覧表

2020年10月の加熱式タバコの値上げ率は下記の通りです。

(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
ケント(グロー) 460円 480円 20円
マールボロ(アイコス) 520円 550円 30円
ヒーツ(アイコス) 470円 500円 30円
キャメル(プルーム) 460円 500円 40円
メビウス(プルーム) 490円 540円 50円
(税込) 値上げ前 値上げ後 増額
ケント
(グロー)
460円 480円 20円
マールボロ
(アイコス)
520円 550円 30円
ヒーツ
(アイコス)
470円 500円 30円
キャメル
(プルーム)
460円 500円 40円
メビウス
(プルーム)
490円 540円 50円

加熱式タバコは各銘柄ごとの値上げ率の差が大きく、30円~50円前後の値上げが実施されていることが分かります。

加熱式タバコ発売当初は紙巻きタバコよりも比較的安く買う事ができましたが、現在は紙巻きタバコと同等の値段設定になっています。

タバコ コンビニ 安い
コンビニのタバコで一番安い銘柄は?最安値メンソールもご紹介!2021年コンビニのタバコで一番安い銘柄を「紙巻きタバコ編」「リトルシガー編」「メンソール編」に分けてご紹介します!また、2021年の最新情報とともにコンビニのタバコを安い順に解説するので、節約したい愛煙家の方は是非参考にしてみてください。...

【2022年値上げ】2021年10月以降タバコ税値上げが確定しているのは加熱式タバコのみ

2021 加熱式タバコ 値上げ

続いて、2021年10月1日の値上げ以降さらに値上げすることが確定しているタバコについて詳しく解説していきます。

結論から言うと、2021年である今年は紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコの全種類が値上げされますが、来年の2022年に値上げが確定しているのは加熱式タバコのみです。

2022年にタバコ税値上げが実施されるのは加熱式タバコのみ

現段階で2022年のタバコ税値上げが確定しているのは、加熱式タバコのみです。

今後タバコ税の改正があればまた値上げする可能性はありますが、現段階では紙巻きタバコ・リトルシガーは2021年で値上げが一旦終了することになっています。

加熱式タバコも現段階で確定している予定では2022年が最後の値上げとなっているので、今のところは2023年以降の値上げ予定はないと言えるでしょう。

加熱式タバコは2022年までにいくら値上げするのか

5回に分けて値上げが実施されている加熱式タバコはもっとも値上げ回数が多いタバコとなっています。

発売当初は安く買えた加熱式タバコ銘柄ですが、現在は紙巻きタバコと同じくらいまで値上げしているので、2021年の値上げ後も紙巻きタバコと同程度の550円~600円前後で落ち着くと考えるのが妥当です。

しかし、加熱式タバコは2022年までタバコ税の値上げが実施されるので、2022年には紙巻きタバコよりも値段が高くなる銘柄が出てくる可能性もあると言えるでしょう。

値上げ継続の加熱式タバコよりコスパ最強の次世代タバコ『ドクターベイプモデル2』

ドクターベイプモデル2ドクターベイプモデル2

2022年も継続してたばこ税の値上げが確定している加熱式タバコよりも、紙巻きタバコみたいな強い吸いごたえを体感できると口コミでも絶賛の「ドクターベイプモデル2」が絶対におすすめです。

ドクターベイプモデル2であればたばこ税の値上げに振り回されることもなく、むしろ1箱分でタバコ4箱分に換算できる喫煙回数を実現したコスパ最強タバコでもあるんです!

そんなドクターベイプモデル2は今だけ公式サイト限定ドクターベイプモデル2で定価より3,900円OFFで買える発売記念キャンペーンを実施中。しかし予告なく終了するキャンペーンなのでいつ終了するか分からないため、急がないとお得に買うチャンスを失ってしまうことになります!

【まとめ】タバコ税はいつからいくら値上げするか確定情報まとめ

タバコ税 まとめ

ここまで、2021年のタバコ税について「いつから」「いくら」値上げするのかをご紹介したので、最後に分かりやすくまとめました。

結論から言うと、2021年10月1日にタバコが値上げすることは確定していて、いくら値上げするかについても各販売元から発表がありました。

【いつから?】2021年10月1日にタバコが値上げされるのは確定情報

財務省公式サイトで2021年のタバコ税増税は10月1日だと公表されているので、いつからタバコが値上げするかというと10月1日で確定です。

過去も10月1日に値上げしましたが、今年の2021年も10月1日から値上げされた価格が適用されます。

紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコの全種類が10月1日から値上げされるので、10月1日以降は値上げ後の価格で販売されます。

【いくら?】明確な値上げ額のまとめ

2021年10月1日に値上げする事が確定しており、各販売元からタバコ小売価格の改定を行うことが発表されました。

2021年値上げ額

紙巻きタバコ:30円~50円
リトルシガー:70円~100円
加熱式タバコ:10円~30円

リトルシガー(葉巻)は紙巻きタバコと同等の税負担となるように調整する事が2020年に決定したので、2021年に大幅に値上げされる傾向にあります。

紙巻きタバコと加熱式タバコは例年30円~50円前後でしたが、2021年の加熱式タバコは10円~30円前後の値上げです。

なお、紙巻きタバコとリトルシガーの値上げは2021年で最後ですが、加熱式タバコの値上げは2022年まで続くのでご注意ください。

【おまけ】タバコにかかっている税金について

タバコ税について

最後におまけとして、タバコ税の仕組みについて簡単に解説します。

なぜタバコは年々値上げされていくのか?疑問に思っている方も少なくはないと思いますが、その理由はタバコに4種類もの税金が含まれているからです。

タバコ税の仕組み①:4つの税金がかかっている

タバコには下記の4つの税金が含まれています。

4つの税金
  • 国たばこ税
  • 地方たばこ税
  • たばこ特別税
  • 消費税

消費税はどんなものを購入する際でも払っている税金ですが、それ以外のタバコだけにかかる税金が3つもあります。

4つの税金がかかるタバコは日本の中で最も税負担率が高い商品となっているので、タバコ税が改正されるとタバコの値段が大幅に値上げされるということです。

タバコ税の仕組み②:タバコの6割以上が税金

タバコには4つもの税金がかかっているため、540円のタバコの333.97円分が税金となっていて、なんとタバコ1箱の値段の61.8%が税金であることが分かります。

ここまで税率が高い場合、タバコ税の改正と同時に一気に値上げすると数百円レベルでの値上げ幅になってしまいます。そのため、消費者やタバコ関係事業者の負担を減らすために何年かに分けて少しずつ値上げしてくれているということです。

つまり、毎年タバコの値上げが決定しているわけではなく、既に数年間でいくら値上げするかを決定して毎年値上げを実施しているという仕組みです。

タバコ税の仕組み③:タバコの種類によって税負担が異なる

また、タバコ税の税率はタバコの種類(紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコ)によって異なります。

同じタバコでも紙巻きタバコとリトルシガー(葉巻)ではリトルシガーの方が安く買える傾向がありますが、これもタバコ税率による値段の差です。

なお、リトルシガー(葉巻)の税率は2020年に紙巻きタバコと同等の税負担となるように最低税率が引き上げられたので、今後はタバコの種類によるタバコ税の差は少なくなる可能性が高いと言えるでしょう。

メンソール強いタバコ
コンビニで買えるメンソールが強いタバコ銘柄ランキング79種類コンビニで買えるメンソールが強いタバコ銘柄をランキング形式で79種類紹介しています。おすすめのメンソールタバコや人気のメンソールタバコを始め、IQOS(アイコス)と言った加熱式タバコや電子タバコのメンソールが強い銘柄も紹介しているので必見!...

2021年のタバコの値上げはいつから?いくら値上げされるのかまとめ

ドクタースティック バナー

2021年のタバコの値上げは「いつから」で「いくら」値上げされるのかについてご紹介しました。

2021年10月1日に紙巻きタバコ・リトルシガー・加熱式タバコが値上げされることは確定していて、いくら値上げするかも公表されています。

また、2022年は加熱式タバコのみしか値上げが決まっていないので、紙巻きタバコ・リトルシガーは今年(2021年)の値上げが終われば一旦落ち着くと言えるでしょう。

しかし、今後またたばこ税が値上げの対象になることは明確です。たばこ税の値上げから解放されたい方はドクタースティックが絶対におすすめ。今だけ8,000円OFF+30日間全額返金保証付きとお得に試せるキャンペーンを実地中です!

ABOUT ME
NAHA
紙巻きタバコから加熱式タバコに乗り換えたiQOSユーザーです。アイコスを吸い始めてから加熱式タバコの沼にハマっていて、グローやリルハイブリッドなど色々楽しんでいます!VAPE・紙巻きタバコなどの記事も書いていくので、喫煙ライフをより一層豊かにしていきましょう!
誰もが吸っている最強タバコ『Dr.Stick』が今だけ8,000円割引!
ドクタースティック CTA

毎日飛ぶように売れている「Dr.Stick(ドクタースティック)」は、今までとは比べものにならないほどの確かな吸いごたえを実感できる令和時代最強のタバコと称されています。

数多くの芸能人もこぞって愛煙していることからTwitterやInstagramを始め、各SNSで人気爆発中。今となっては一度も吸ったことがない方や名前すら聞いてもピンと来ない方は時代遅れ!と笑われてしまうほどに日本で大ブームのタバコなんです。

そんな誰もが吸っているドクタースティックが今だけ限定で8,000円OFF+30日間全額返金保証付きで購入できる破格のキャンペーンを実施中。しかし、このお得なキャンペーンは終了間近なので、まだドクタースティックを試していない方はお急ぎください!