たばこコラム

ライターがつかない時の原因や対処法は?復活方法や捨て方を解説

ライター つかない

タバコを吸う方なら、誰もが火をつけるための道具を持ちですよね。タバコに火をつける道具の中でも、主にライターを利用している方はとても多いのではないでしょうか?

今回は、喫煙具として多く利用されているライターについて火がつかない場合の原因や対処法、火がつかない時の復活方法、燃料の補充方法をライターの種類ごとに解説していきます。

また、ライターの捨て方やライターから「シュー」と音がする場合の対処法についてもご紹介します。

※見ないと確実に後悔します

誰もが吸っているタバコ『ドクタースティック』をまだ試してない方はお急ぎください!
今だけ限定で8,000円引き+全額返金保証付きの破格キャンペーンは終了間近!!

目次

ライターがつかない場合の原因と対処法を解説

ライター 火をつける

手軽に持ち運べる火種としてライターは良く利用されてる道具です。タバコの着火やアウトドアなど、外で使う機会も多々あります。

外出先でせっかく持ってきたライターがつかない時、ブルーな気持ちになることもあるのではないでしょうか?

ここでは、ライターの火がつかない場合の主な原因と対処法を解説していきます。

ライターがつかない原因と対処法その➀:風の影響

100円ライターやチャッカマンなどのライターは、強い風の影響で火がつかない場合があります。火がつかない要因としては、風によってライターから出たガスと周りの空気が燃えやすい比率ではなくなるためです。

風を遮る事で点火しやすくなるので、ライターを手で覆ったり、室内に入って点火を試してみると良いでしょう。

また、ライターの中でもターボライターは風に強くできています。屋外で火をつける予定の時は、ターボライターを持って行くことも選択肢の一つです。

ライターがつかない原因と対処法その➁:気温の影響

気温が低いとガスライターは点火しづらくなります。ガスが気化しづらくなり、ガスの圧力がライター内で小さくなることで、ライターの燃焼する部分にガスが少なくなるためです。

低い気温の影響で火がつかないライターは、手で温めるとガスの温度が上がるため火がつきやすくなります。

しかし、ライターを温めるためにストーブなどを利用すると、引火する可能性があるので注意してください。

ライターがつかない原因と対処法その➂:ガスの詰まり

特に100円ライターの場合になりますが、ガスの噴出口が詰まってしまい火がつかない場合があります。

長期間ライターを使っていないと、ゴミなどがガスの噴出口を詰まらせてしまうことが原因です。

ガス噴出口のゴミは、爪楊枝のような先端がとがっている物で突いてみたり、ライターを振ったりすると取れることがあります。

ライターがつかない原因と対処法その➃:部品の劣化

経年劣化やライターを繰り返し使うことで、部品の摩耗や劣化が進み火をつけられなくなります。

火花を発生させる部品を交換できるものであれば、部品を新しいものに付け替えることで再度ライターを使えるようになります。

しかし、部品の交換を想定していないライターを無理に修理しようとすると、修理を失敗して、最悪の場合ケガをしてしまうこともあるでしょう。

部品の劣化が火がつかない原因であれば、そのライターは使うことを諦めてしまうことも考えてください。

ライターない時 タバコに火をつける
【裏技】ライターがない時にタバコに火をつける方法を16選解説!「ライターがないけどタバコを吸いたい」「買いに行くのは面倒くさい」そんな時ありませんか?実はライターがない時でもタバコに火をつける方法があります!本記事ではライターの代用品でタバコに火をつける簡単な方法から裏技のやり方を16選ご紹介!...

ライターの復活方法を種類ごとに解説

火がついたライター

ライターには様々な種類があり、火がつかない場合に復活させる対処法は種類ごとに異なります

今回は、100円ライター・ガスライター・ターボライター・電子ライター・オイルライター・チャッカマン・Zippo(ジッポ)ライターの7種類について復活させる対処法をご紹介します。

つかないライターの復活方法:100円ライターの場合

初めに解説するのは、100円ライターがつかない場合の復活方法です。

100円ライターはガスを燃料としたライターで、値段が安く最も身近にあるライターと言えます。

100円ライターがつかない時は2つの項目を確認してみましょう。

ガスの噴出口の詰まりを解消する

100円ライターがつかない場合ガスの噴出口が詰まっていることが、火がつかない原因の1つです。

長期間使用されていないライターは、ガスの噴出口にゴミや着火石が摩擦した際に出た粉などが詰まっていることがあります。

爪楊枝や細い針金を用いて、ガスの噴出口を突いてみましょう。また、100円ライター本体を振ってみると詰まりが解消することがあります。

火花が発生しているかを確認

100円ライターは、バネが跳ね返る力を利用して着火石を摩擦させ火花を発生させます。

しかし、着火石が上手く摩擦しなかったり、バネの力が弱まると火花が発生しづらくなります。

残念ながら、100円ライターは部品を交換することを想定していない製品なので、無理に修理することはおすすめしません。

つかないライターの復活方法:ガスライターの場合

2つ目は、ガスライターがつかない場合の復活方法です。

ガスライターは、名前の通りガスを燃料にしたライターで、100円ライターや後に解説するターボライターもガスを燃料にしているためガスライターに含まれますが、別のものとしてご紹介します。

ガスライターがつかない時は2つの項目を確認してみましょう。

ガスが充填されているかを確認

燃料であるガスが、ガスライター内に充填されているかをまず確認しましょう。

ガス切れのライターを故障と勘違いして、新しいガスライターに買い替えてしまうこともあります。

ガス切れの場合は、ガスを補充してください。

火の大きさを調節するネジを確認

ガスライターの火が小さい場合は、まず火力を調整するネジがマイナスになっていないか確認しましょう。

火力を調整するネジをマイナスにすると、出るガスが少なくなり火が小さくなります。

ガスライターの火がつかない時は、ガスの量が少なくなっていることが原因の場合もあるので確認が必要です。

つかないライターの復活方法:ターボライターの場合

3つ目は、ターボライターがつかない場合の復活方法です。

ターボライターは内燃式という機構のライターのため、風に強くアウトドアで活躍する機会が多いライターです。

ターボライターがつかない時は1つの項目について確認してみましょう。

ガスが充填されているかを確認

ターボライターも、ガスライターと同じようにガスが充填されているかを確認してください。

ガスがターボライターの中に残っているのに火がつかない時は、点火させるための火花が発生しているかを確認しましょう。

火花が発生していない場合、ターボライターが故障している可能性が高いです。

つかないライターの復活方法:電子ライターの場合

4つ目は、電子ライターがつかない場合の復活方法です。

電子ライターには、電熱コイルを熱して火をつける電熱式と高電圧スパークで火花を起こすプラズマ式があります。

電子ライターがつかない時は1つの項目について確認しましょう。

充電されているかを確認

電子ライターは、電気を動力源に火をつけます。そのため、電子ライターがつかない主な原因は充電切れです。

長期間使用している電子ライターは、バッテリーが弱くなって火をつけられる回数が減っているかもしれません。

また、充電されているのに電子ライターが使えないときの原因は、機械の故障が考えられます。自力での修理は詳しい方でないと難しいので、業者に修理の依頼をしましょう。

つかないライターの復活方法:オイルライターの場合

5つ目は、オイルライターがつかない場合の復活方法です。

オイルライターは、ガスライターと異なりオイルが燃料のライターです。

オイルライターがつかない時は2つの項目について確認しましょう。

オイルが充填されているかを確認

まずは、オイルライターにオイルが充填されているかを確認します。

オイルライターは中身のオイルをすぐ確認することが難しいため、オイル切れかどうかが分かりづらいです。

オイルライターがつかない場合は、故障よりもオイル切れを疑いましょう。

着火石とバネの状態を確認

オイルライターの着火石が摩耗していないか、バネが弱っていないかを確認しましょう。

摩耗した着火石や弱ったバネでは、火花を発生させられません

着火石の摩耗は、着火石を交換すれば復活します。バネが弱っている時は、着火石を追加で1つ入れて着火石の数を2つにすれば復活させることができます。

つかないライターの復活方法:チャッカマンの場合

6つ目は、チャッカマンがつかない場合の復活方法です。

チャッカマンは独特の長い形のライターで、ガスを燃料にしているアウトドアで良く利用されるライターの1つです。

チャッカマンがつかない時は1つの項目について確認しましょう。

ガスが充填されているかを確認

チャッカマンの中にガスが充填されているかを確認してください。

チャッカマンもガスを補充することができるタイプがあり、ガスがない場合は補充することで火をつけられるようになります。

補充できないタイプは、再び火がつくように補充するのに分解が必要になってきます。

つかないライターの復活方法:Zippo(ジッポ)ライターの場合

7つ目は、Zippo(ジッポ)ライターがつかない場合の復活方法です。

Zippo(ジッポ)ライターはアメリカのZIPPO社が発売しているオイルライターで、つけた火を蓋で消火する点が特徴的です。

Zippo(ジッポ)ライターがつかない時は2つの項目について確認しましょう。

着火石を交換

Zippo(ジッポ)ライターは、フリントホイールを回して着火石を擦ることで火花を発生させます。

着火石は、使用していくと少しづつ小さくなり、中で潰れることがあります。潰れた着火石がフリントホイールの回転を阻害してしまいます。

フリントホイールが回りづらくなってきたら、着火石を交換すると良いでしょう。

ウィックを切る・交換する

火の芯となる綿をウィックと言います。ウィックには燃料のオイルが沁み込んでいて、黒く汚れてしまうと沁み込んでいるオイルが気化しづらくなります

そのため、Zippo(ジッポ)ライターの火がつかない時は、ウィックの黒い部分を切ると火が復活します。

しかし、ウィックを切りすぎると、オイルを吸収しづらくなるので注意が必要です。また、ウィックが短くなったら交換してください。

ジッポトリック
ジッポライターのかっこいい付け方「ジッポトリック」のやり方を解説ジッポライターのかっこいい付け方「ジッポトリック」をご存知ですか?一見難しそうに思いますが、実は初心者でも簡単に出来る技があります。本記事ではジッポライターの開け方や消し方を始め、ジッポトリックのやり方を初級・上級・達人級に分けて徹底解説!...

ライターの燃料の補充方法を種類ごとに解説

ライター 火をつける

ライターにはそれぞれ、火の素となる燃料が入っています。

ライターがつかない原因が燃料切れだった場合のために、燃料の補充方法をライターの種類ごとにまとめました。

この項では、ライターの種類ごとの燃料の補充方法をご紹介します。

100円ライターの燃料の補充方法

100円ライターは、ガスを補充することを想定されていません。もし補充するのであれば、分解する必要があります。

もし100円ライターにガスを補充するのであれば、補充する手順は4つです。

手順の最後にバルブを閉める工程ががありますが、ガスが気化してしまうためできるだけ速くバルブを閉めましょう。

100円ライターの燃料の補充方法
  1. バルブ部分にバルブを回した回数を分かりやすくするための印をつける。
  2. バルブを3回程回して緩める。
  3. ピンセットでバルブを押し上げガスを注入。
  4. 緩める時に回した回数と同じだけバルブを閉め直す。

ガスライターの燃料の補充方法

ガスを補充できるガスライターは、手順を把握しておけば簡単にガスを補充することができます。

ガスライターを補充する手順は4つです。

ガスライターによっては、ガスの補充にアダプターが必要な場合があります。正しい補充方法を確認してください。

ガスライターの燃料の補充方法
  1. 残っているガスを抜くため、ガスの注入口を先端の細いもので押す。
  2. ガス注入口を上に向ける。
  3. ガス注入口にガスボンベのノズルを強めに挿す。
  4. ガスが溢れるのを確認したらガスの注入を止める。

ターボライターの燃料の補充方法

ターボライターもガスライターと同じように、ガスを補充できるように作られているため補充は簡単です。

しかし、安いターボライターの中には、補充を想定していない使い捨てのものもあります。使い捨てのターボライターの補充は、分解しないとできません。

ターボライターの燃料の補充方法
  1. 残っているガスを抜くため、ガスの注入口を先端の細いもので押す。
  2. ガス注入口を上に向ける。
  3. ガス注入口にガスボンベのノズルを強めに挿す。
  4. ガスが溢れるのを確認したらガスの注入を止める。

電子ライターの充電方法

電子ライターの火の素は電気です。

ガスやオイルを入れる必要が無く、手順が非常に少ないので最も補充が簡単なライターと言えるでしょう。

電子ライターの充電方法
  1. 付属の充電ケーブルやライター自体をUSBポートに挿し込む。

オイルライターの燃料の補充方法

オイルライターには、ライター用のオイルを補充する必要があります。

ガスライターよりも少し手間がかかりますが、オイルライターも補充できるよう作られているので補充の手順は簡単です。

オイルライターの燃料の補充方法
  1. オイルライターの底の蓋を外すため、ネジを緩める。
  2. 補充するオイルのノズルを綿に押し当てゆっくりと補充。
  3. 蓋を付け直す。

Zippo(ジッポ)ライターの燃料の補充方法

Zippo(ジッポ)ライターも、オイルが燃料のライターです。

Zippo(ジッポ)ライターはオイルライターよりも簡単に補充することができます。

Zippo(ジッポ)ライターの燃料の補充方法
  1. ライターのキャップを開き、インサイドユニットを引き出す。
  2. インサイドユニットの底のフェルト・パッドをめくり、中の綿にオイルの注入口をあててゆっくり補充。
  3. オイルが綿に染み出たら補充を止め、オイルが溢れたら拭き取る。
  4. フェルト・パッドを戻し、インサイドユニットをケースに戻す。

ライターのガス抜きと捨て方を解説

ゴミ袋

ライターにはガスやオイルが入っているため、そのまま捨ててしまうと燃えてしまう可能性があり危険です。

この項では、ライターごとの燃料の抜き方と捨て方をご紹介します。

また、可燃性のものを扱うため、ガス抜きをする際は屋外で行うことを強くおすすめします。

100円ライターのガス抜きと捨て方

100円ライターの捨て方の手順として、まずガス抜きをします。ガス抜きには、輪ゴムやテープなどを用意します。

100円ライターの着火レバーを押して、ついた火は消し、ガスが出ている状態にします。その状態を輪ゴムやテープで固定すればガス抜きができます。

ガスが抜けている場合は、シューという音がします。音がしない場合は火力調節のレバーをプラスマークの方に動かしましょう。

100円ライターのガスが抜けていることが確認できたら自治体のルールに従って、分別して捨てましょう。

ガスライターのガス抜きと捨て方

ガスライターの捨て方の手順として、まずガス抜きしましょう。ガスライターのガス抜きには細いトライバーを用意します。

ガスの注入口を細いドライバーで押せば、ガスが抜けていく音が聞こえます。

ガスが抜ける音がしなくなったら、1度点火を試してガスが抜けたことを確認してください。ガス抜きができたら自治体のルールに従って、分別して捨てましょう。

ターボライターのガス抜きと捨て方

ターボライターの捨て方も、ガスライターと同じようにガス抜きをしましょう。ガス抜きのために細いドライバーを用意します。

ガスの注入口を細いドライバーで押せば、ガスライターと同じようにガスが抜ける音が聞こえます。

ガスが抜ける音がしなくなったら、1度点火を試してガスがなくなったことを確認します。ガス抜きができたら自治体のルールに従って、分別して捨てましょう。

電子ライターの捨て方

電子ライターはバッテリーの電気が燃料となっているので、ガスやオイルを抜く必要がありません

電子ライターの捨て方については、自治体のルールに従うだけですが、自治体によっては捨てられるライターに指定がある場合があります。

自治体で電子ライターを処分できない場合は、処分してくれる業者を探すなど捨て方を考えなくてはなりません。

オイルライターのオイル抜きと捨て方

オイルライターの捨て方は、まずオイルを抜く必要があります。オイルのタンクを開くために必要な物があれば用意しましょう。

ライター用のオイルは非常に揮発性が高いです。インサイドユニットを取り出してオイルのタンクを開き、オイルが完全に蒸発するまで放置すればしばらく経つとオイルが抜けます。

放置した後点火を試して火がつかなければ、オイルが抜けていることになります。オイル抜きができたら自治体のルールに従って、分別して捨てましょう。

チャッカマンのガス抜きと捨て方

チャッカマンの捨て方は、100円ライターと同じようにまずガス抜きをします。ガス抜きには輪ゴムやテープを用意しましょう。

手順も100円ライターと同じように、着火レバーを引いて火を消し、ガスが出続ける状態で固定して放置します。

ガスが抜ける音が聞こえなくなったら、1度点火を試してガスが抜けたことを確認してください。ガス抜きができたら自治体のルールに従って、分別して捨てましょう。

Zippo(ジッポ)ライターのオイル抜きと捨て方

Zippo(ジッポ)ライターの捨て方は、オイルライターと同じようにまずオイルを抜く必要があります。

Zippo(ジッポ)ライターも揮発性の高いオイルを燃料にしているので、インサイドユニットを取り出してオイルが完全に蒸発するまで放置しましょう。

放置した後点火を試して火がつかなければ、オイルが抜けていることになります。オイル抜きができたら自治体のルールに従って、分別して捨てましょう。

ライターから異音?シューと音がした場合の対処法

火がついたライター

長期間使っていなかったライターから、何もしていないのにシューと音がすることがあるかもしれません。

この項では、ライターからシューと音がする原因と対処法についてご紹介します。

ライターからシューと音がする原因

何もしていないライターからシューと音がする場合、ガス漏れしている可能性が高いです。

ガス漏れの原因は、ガスタンクの破損やパッキンの破損が考えられます。ライターを落としたりすると、衝撃でガスタンクやパッキンが破損してしまうことがあります。

また、経年劣化でパッキンが破損してしまうこともあるので、長期間放置していた100円ライターなどは特に注意が必要です。

ライターからシューと音がする場合の対処法

シューと音がしているライターの対処法としては、屋外に放置してシューという音がしなくなるまで待ちましょう。

屋内で放置してしまうと、誤って引火してしまい火事の原因となる可能性も0ではありません。

また、シューという音がしているライターを使おうとした場合、ライターの火が思ってもいない場所から出ることもあります。ケガの原因となるので、使用は控えた方が良いでしょう。

ライターがつけられない?力が要らないライターの点火方法

ライター 火をつける

100円ライターなどの使い捨てライターは昔よりも固くなっていて、点火するのに力が必要な場合があります。

お年寄りや女性など、力が弱い人はライターが固くてつけられないこともあるのではないでしょうか。

この項では、使い捨てのライターに力が必要になった理由と対処法をご紹介します。

ライターが固くなった理由

100円ライターは2011年9月に、子どもの火遊び事故を防ぐためにレバーを固くするか、2段階の操作をしなければ点火できないように製造することを義務付けられました。

このタイミングから、子どもが事故を起こしてしまう可能性を下げるために、100円ライターのレバーが固くなって力が必要な構造で作られるようになったのです。

固いライターを使いやすくするための対処法

固いライターを使いやすくする対処法としては、補助具を使うのがおすすめです。

固いライターを点火しやすくする「軽着火」というアイテムがあります。ライターに装着すると、通常は親指だけで押すレバーを手全体を使って押せるようになるため、力が入りやすくなります。

しかし、軽着火は使えるライターの形に制限があるので、注意が必要です

ライターの復活方法・燃料の補充方法・捨て方まとめ

今回は、火がつかないライターの種類ごとの復活方法や燃料の補充方法、捨て方、シューと音がするライターの対処法などについてご紹介してきました。

補充ができるライターは、燃料切れが火がつかない原因の場合簡単に復活させることができますが、100円ライターは補充をしようと思うと分解する必要があります。

ライターに使われているガス、オイルは揮発性が高いため、今回ご紹介した復活方法をお試しの際は換気をしっかり行ってください。

ABOUT ME
NISHI
大学生の時の友人の影響で喫煙者になりました。タバコを吸い始めた時は紙巻きタバコを吸っていましたが、匂いが気になるようになったので加熱式タバコと電子タバコに切り替え。いろんなものを試すのが好きなので、積極的に新しい物に挑戦して、情報をお伝えしていきます。
誰もが吸っている最強タバコ『Dr.Stick』が今だけ8,000円割引!
ドクタースティック CTA

毎日飛ぶように売れている「Dr.Stick(ドクタースティック)」は、今までとは比べものにならないほどの確かな吸いごたえを実感できる令和時代最強のタバコと称されています。

数多くの芸能人もこぞって愛煙していることからTwitterやInstagramを始め、各SNSで人気爆発中。今となっては一度も吸ったことがない方や名前すら聞いてもピンと来ない方は時代遅れ!と笑われてしまうほどに日本で大ブームのタバコなんです。

そんな誰もが吸っているドクタースティックが今だけ限定で8,000円OFF+30日間全額返金保証付きで購入できる破格のキャンペーンを実施中。しかし、このお得なキャンペーンは終了間近なので、まだドクタースティックを試していない方はお急ぎください!