glo

グローの副流煙は妊婦や赤ちゃんに有害な影響はないのか徹底解説!

グロー 副流煙 赤ちゃん

加熱式タバコ「glo(グロー)」は従来の紙巻きタバコと比較して有害物質90%~95%削減と謳っていますが本当に安全なのでしょうか?

結論から言うと、紙巻きタバコと比較すると有害物質が9割ほど削減されているという実証実験済みですが、ニコチンや有害物質は少なからず含まれているので体に害はあります。

グローの全デバイスに対する害について妊婦や赤ちゃんへの影響、喘息・頭痛などの健康被害に関する内容を公式の研究結果を参考に徹底解説していきます。

※見ないと確実に後悔します

誰もが吸っているタバコ『ドクタースティック』をまだ試してない方はお急ぎください!
今だけ限定で8,000円引き+全額返金保証付きの破格キャンペーンは終了間近!!

目次

加熱式タバコglo(グロー)に副流煙はないが有害物質は含まれる

グロー 副流煙

glo(グロー)などの加熱式タバコはタバコ葉を燃焼せずに加熱する仕組みとなっており煙が発生しないため、従来の紙巻きタバコのように副流煙は発生しません。

しかし、副流煙が出ないからと言って安全である保証はなくグローにも有害物質は含まれます。副流煙が出ないグローにどのような有害性があるのか詳しく解説していきます。

グローの副流煙:加熱式タバコの仕組みと副流煙

グローやアイコスなどの加熱式タバコは、タバコ葉を燃焼させずに加熱しているので煙が出ません

副流煙とはタバコの燃焼部分から発生する煙のことなので、煙が発生しないグローからは副流煙も出ていないと言えます。

しかし、グローを吸った時に煙のような蒸気は発生する構造となっており、加熱式タバコから発生する蒸気は「加熱式たばこベイパー」と呼ばれています。

紙巻きタバコの副流煙→燃焼したタバコから発生する煙

グローの副流煙→タバコを加熱する時の蒸気(煙は発生しない)

加熱式タバコの「副流煙」と言うと、厳密には「加熱式たばこベイパー」のことを指しています。

今回の記事では「グローの副流煙」と記載していきますが、詳しくはグローから発生する蒸気「加熱式たばこベイパー」のことを指しているという認識でお読みください。

グローの副流煙:グローの有害物質90%削減表記について

グロー 副流煙 害

グローの広告や宣伝で有害物質90%削減という文言を見た事がありませんか?

これは「タール数約9mgの紙巻きタバコから出る副流煙」と「グローから発生するベイパー」を比較した結果、世界保健機関(WHO)が減らすことを推奨している9種類の有害物質に関して90%~95%削減されたことが証明されています。

故に、有害物質90%削減は嘘偽りない事実になりますが、グローの公式サイトに以下の注意書きが記載してあります。

本広告中の「CLEAN」「約90~95%カット」の表現は、本製品の健康への悪影響が他製品に比べて小さいことを意味するものではありません。

出典:glo

グローの公式から宣伝されている文言なので有害物質9割削減は事実ですが、絶対的に安全ですという意味ではないので副流煙に害がある可能性は十分あります

通常の紙巻きタバコと比較すると加熱式タバコの副流煙(ベイパー)から発生する有害物質がかなり削減されていることは証明されていますが、健康面での悪影響が少なくなったという証明では無いため注意が必要です。

グローの副流煙:妊婦や赤ちゃんなど受動喫煙への影響

タバコを燃焼した時に発生する副流煙が原因で第三者に頭痛や喘息などの健康被害が及ぶ受動喫煙が問題視されていますが、副流煙が発生しないグローは妊婦や赤ちゃんなど周りの人への害はあるのでしょうか?

結論から言うと、従来のタバコと比較すると発生する有害物質は少ないですが、周りへの健康被害はあります

ニコチンの含まれているタバコ葉を加熱しているので吐いた息にもニコチンが含まれる可能性があるため、頭痛や喘息のリスクが高まり妊婦や赤ちゃんには悪影響と言えます。

グローの副流煙:副流煙のリスクは公表されていない

グローの副流煙や受動喫煙についてのリスクは正式に公表されていないので、残念ながらどれほどのリスクがあるかを現時点で言い切ることは出来ません。

受動喫煙・副流煙についてはグロー公式サイトで実際に以下の記載があります。

現時点でgloTM(グロー)の健康に対する影響を判断することは時期尚早であり、今後継続的に様々な調査を行い評価に十分な知見を蓄積した上で、適切なタイミングで随時開示させていただきたいと考えております。

出典:glo

現時点では加熱式タバコの副流煙や受動喫煙の影響を証明できるほど加熱式タバコの歴史は長くないので、加熱式タバコの副流煙による健康被害について断言することは出来ないようです。

今後グローの公式サイトで副流煙の害について公表される可能性はあるので、随時更新していきます。

有害物質はオール0
\Dr.Stick/
ドクタースティック バナー

誰もがドクタースティックを選ぶ理由は…

  1. 本物みたいな吸いごたえ
  2. タール・ニコチン・嫌な臭いは全部”0”
  3. 初回限定でスターターキットが8,000円OFF
  4. フレーバー1箱あたりタバコ7箱分換算でコスパ最強
  5. 定期縛りは一切なし。いつでも解約OK

初回価格8,000円OFFとお得に買えるのは公式サイトだけ!しかし予想を遥かに上回る注文数のため在庫が無くなり次第、お得なキャンペーンは予告なく終了すると宣言しているので、今を逃すと最安値で買うチャンスを失ってしまいます。

加熱式タバコglo(グロー)のタール・ニコチン量

続いて、加熱式タバコglo(グロー)のタールとニコチン量について、グローから公式に発表されている情報を参考に徹底解説していきます。

結論から言うとグローからタールは発生しませんが、タバコ葉にニコチンが含まれているため、身体への害や副流煙による健康被害は発生します。

グローからタールは発生しない

タールは不完全燃焼したタバコの煙の中から発生する成分なので、煙が発生しないグローにはタールも含まれません。

グローの公式サイトでタールに関する以下の記載があります。

たばこのタールは、たばこを燃焼したことから生じる残留物です。gloTM(グロー)では、たばこは加熱されますが燃焼はしないので、たばこのタールは発生しません。

出典:glo

要するにグローはタバコ葉を燃焼せずに加熱している加熱式タバコであるため、タバコの燃焼をした時に出るタールは発生しないということです。

なお、タバコの燃焼による有害物質のタールは発生しませんが、タバコの加熱による有害物質が出ている可能性があるので注意が必要です。

グローに含まれるニコチン量

タバコ葉に含まれる成分であるニコチンはタバコ葉を加熱して吸う加熱式タバコにも含まれます。

加熱式タバコにはニコチンの量を記載する義務がないため、グローだけでなく多くの加熱式タバコでニコチン量の詳細は公表されていません

しかし、グローの有害物質に関する研究結果でグローの副流煙(加熱式たばこベイパー)に含まれるニコチン量は0.46mgとなっていることから約0.5g前後であると推測できます。

グロー コンビニ 値段
【最新2021年】各コンビニで買える全グロー本体の値段を解説!セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンなどのコンビニで買えるglo(グロー)全種類の値段やキャンペーン情報を徹底的に調査した結果を解説!グロープロ・グローハイパー、グローハイパープラスはコンビニで買えるかについても詳しく解説しています!...

glo(グロー)公式で発表されている有害物質と非喫煙者(妊婦・赤ちゃん等)への影響

グロー 赤ちゃん 妊婦

続いて、glo(グロー)から発生する有害物質や妊婦・赤ちゃんなどの非喫煙者への害について公式の研究結果を参考に調査していきます。

「タール数約9mgの紙巻きタバコから出る煙」と「グローから発生する蒸気(加熱式たばこベイパー)」を比較して90%~95%削減されていることが証明された9つの有害物質についても詳しく解説していきます。

【研究結果】グローの副流煙・害①:副流煙に含まれるニコチンが少ない

下記の調査結果はグローが公式に発表している研究結果で、「紙巻きタバコから出る副流煙(3R4F)と加熱式タバコから出る蒸気(加熱式たばこベイパー)を比較した時の有害物質の量です。(調査結果詳細はコチラ)

グリセロールとプロピレングリコールが紙巻きタバコの副流煙より増加していますが、これらの成分は食品添加物や歯磨き粉などに含まれている成分なので比較的有害性は低いです。

一方、副流煙に含まれるニコチン量がかなり減っているため、ニコチンによる妊婦・赤ちゃんへの害は加熱式タバコの方が低いと言えるでしょう。

【研究結果】グローの副流煙・害②:9つの有害物質

グローの特徴である「有害物質90%~95%減」が証明されたのが下記の比較結果です。(調査結果詳細はコチラ)

この9つの有害物質はWHOが低減を優先すべきと名前を挙げている有害物質で紙巻きタバコの副流煙に多く含まれています。

グローのネオスティックから発生する蒸気では定量下限未満の成分も多く、紙巻きタバコの副流煙と比較すると9つの有害物質が大幅に減少していることが分かります。

【研究結果】グローの副流煙・害③:環境への有害物質排出量は基準値を満たしている

グローの副流煙が環境へ放出する有害物質の量に関する研究では、以下のような記載があります。(実験結果詳細はコチラ)

この結果から、glo™からの環境への放出量はWHO屋内・屋外空気質基準を満たすことが示されました

出典:BAT JAPAN

この実験では「紙巻きタバコを使用した部屋」と「グローを使用した部屋」の比較を行いましたが、グローを使用した部屋では有害物質レベルのベースラインを超えなかったことが証明されました。

要するに、グローの副流煙から有害物質が出ていたとしても何も吸っていない部屋と同程度に保てるレベルであることが分かります。

環境への有害性が少ないことを証明する実験であり、グローの副流煙に健康面での有害性がないことを証明する実験ではありません。

グローの副流煙・害まとめ:タバコの煙に含まれる有害物質による健康被害が大きい

現時点で加熱式タバコの健康被害に関するデータが十分にないことから一概には言い切れませんが、喫煙が原因となる疾患の多くはタバコの燃焼による副流煙で発生する有害物質が原因だと考えられています。

グローなどの加熱式タバコは紙巻きタバコと同じようにニコチンが含まれているため健康被害のリスクはありますが、タバコを燃焼せずに加熱しているので副流煙によるリスクは抑えられるという意見が多いです。

つまり、煙が出ない加熱式タバコはタバコ葉を燃焼している紙巻きタバコと比較すると、健康に関する有害物質の発生量も少ないのではないかと推測できます。

ニコチン・タール・副流煙は全部ゼロ!未来の最強タバコ『ドクターベイプモデル2』

ドクターベイプモデル2ドクターベイプモデル2

「ドクターベイプモデル2」は、多少の有害物質を含んでいる可能性が高いグローよりも安心して喫煙を楽しみたい方におすすめの未来の最強タバコです。

グローと比較すると吸いごたえは申し分なしの強いキック感を体感できるほか、味わいは濃厚でジューシー!と数多くの喫煙者からも大好評。今売れに売れておりSNSでも話題沸騰中なんです!

そんなドクターベイプモデル2が今だけ3,900円OFFで買えるお得なキャンペーンを実施中ですが、このキャンペーンは予告なく終了してしまうので、気になる方は損をする前に公式サイトドクターベイプモデル2にお急ぎください!

glo(グロー)のデバイス別の副流煙・妊婦や赤ちゃんへの影響

続いてglo(グロー)の全デバイス別の副流煙や妊婦・赤ちゃんへの影響について解説します。

グローの公式から各デバイス別の有害物質についての詳細は公表されていませんが、現段階で分かっている情報をご紹介していきます。

【推定】グローのニコチンが多いスティック

加熱式タバコにはニコチンが含まれているため、ニコチン量によって副流煙の害が大きく異なります

ニコチンの量が多いほど妊婦や赤ちゃんへの影響は大きくなるため、グローも同じように吸いごたえが高いタバコほど副流煙による影響が大きくなると推測できます。

グローの吸いごたえが高い順
  1. KENT(ケント)・ネオスティック・シリーズ
  2. neo(ネオ)・シリーズ
  3. glo hyper(グローハイパー)用 ケント・ネオスティック・トゥルー・シリーズ
  4. glo hyper(グローハイパー)用 ネオ・シリーズ

グローでは加熱の仕方や銘柄によって異なるという理由からニコチン量が公開されていませんが、吸いごたえの強さは公表されています。

吸いごたえが高い順にニコチン量も多いと推測できるため、妊婦や赤ちゃんへの害も大きい可能性が高いです。

グローのスティックとデバイスについて

グローには2種類のスティックがありスティックの太さによって吸いごたえやニコチン量が異なります。

グローのスティック2種類
  • 「glo hyper専用タバコスティック」
  • 「pro(プロ)・nano(ナノ)・その他用」

強い吸いごたえを感じる事ができる「glo hyper専用タバコスティック」の方が太くタバコ葉が詰まっているためニコチン量も多いと推測できます。

グローのデバイス4種類
  1. glo Hyper+(グローハイパープラス)
  2. glo hyper(グローハイパー)
  3. glo pro(グロープロ)
  4. glo nano(グローナノ)

グローは全部で4種類のデバイスがあり、1番新しいグローハイパープラスから最新デバイス順となっています。

グローハイパーとグローハイパープラスでは「glo hyper専用タバコスティック」を使用、グロープロとグローナノでは「pro(プロ)・nano(ナノ)・その他用」スティックでないと喫煙できないので、他社製品のスティックは使用できません

副流煙・妊娠や赤ちゃんへの影響:グローハイパープラス

「glo hyper専用タバコスティック」を使用するグローハイパープラスは最も最新の機種で吸いごたえを追及しているデバイスです。

高温モードで急速に加熱するブーストモードや従来より太い「glo hyper専用タバコスティック」を使用していることから、タバコ葉が多く使用されていてニコチンも多いと推測できます。

4種類のグロー製品を比較すると、最も満足感や吸いごたえがあるデバイスであることから有害物質が多く含まれている可能性が高いです。

副流煙・妊娠や赤ちゃんへの影響:グローハイパー

グローハイパーはグローハイパープラスと同様に、従来のスティックより太い「glo hyper専用タバコスティック」を使用するデバイスであるため比較的ニコチン量が多いと推測できます。

グローハイパーとグローハイパープラスの違いはデバイスのカラーやデザイン性など見た目に関する点が多く、スペック面ではほとんど変わりません。

つまり、グローハイパーもグロー製品の中では吸いごたえがあるデバイスなので妊婦や赤ちゃんへの副流煙による害がある可能性が高いと言えるでしょう。

副流煙・妊娠や赤ちゃんへの影響:グロープロ

グローで初めてブーストモードが搭載されたデバイスであるグロープロは高温高速加熱によって、従来のグローナノより吸いごたえがアップしているデバイスです。

少し細めの「pro(プロ)・nano(ナノ)・その他用」のスティックを使用するデバイスであることから、グローのデバイスの中ではタバコ葉が少なくニコチン量も少ないと推測できます。

グローハイパーやグローハイパープラスと比較すると副流煙の有害物質が少ないですが、グローナノと比較すると副流煙の有害物質が多い可能性が高いデバイスと言えます。

副流煙・妊娠や赤ちゃんへの影響:グローナノ

グローナノはグロー製品の中で最も軽量の61gという軽さを実現しているデバイスであるため、手の中に収まる小ささであることから他のグロー製品と比べ吸いごたえが小さめという特徴があります。

吸いごたえが小さいということは、副流煙から発生する有害物質の量も他のグロー製品と比較すると少ないのではないかと推測できます。

グローナノも少し細い「pro(プロ)・nano(ナノ)・その他用」スティックを使用する上に、高温高速加熱のブーストモードを搭載していないため、グロー製品の中では最も副流煙による妊婦や赤ちゃんへの害が少ないデバイスである可能性が高いと言えるでしょう。

グローハイパープラス コンビニ
グローハイパープラスはコンビニで買えない?現在どこで買える?最新型のglo Hyper+(グローハイパープラス)がコンビニで買えないという声が多発しています。実際グローハイパープラスはどこで買えるのか?値段はいくらなのか?カラーバリエーションや人気のカラー、キャンペーン情報など詳しく解説しています。...

glo(グロー)の副流煙や有害物質による健康被害例

グロー 健康被害

続いて、実際に報告されたglo(グロー)やその他の加熱式タバコの副流煙による健康被害の例をご紹介します。

喘息や頭痛への影響、妊婦や赤ちゃんへの害について解説するので是非参考にしてください。

加熱式タバコは安全と言い切れるデバイスではない

加熱式タバコは紙巻きタバコより安全といった解釈が広がっていますが、グローをはじめとする加熱式タバコは紙巻きタバコよりも安全と証明されている事実はありません

グローの有害物質90%~95%カットは実験結果で証明されていることが分かりましたが、公式サイトでは以下の記載もあります。

なお上記は加熱式たばこの健康に及ぼす悪影響が他の製品と比較して小さいことを意味するわけではありません。

出典:glo

要するにWHOが低減を推奨している9種類の有害物質発生量は9割カットしていることは証明できますが、この結果が直接的に健康被害が少ないという証明にはなりません。

グローの副流煙による害①:喘息

2018年に加熱式タバコ大国である韓国で、中高生を対象に加熱式タバコの害に関する研究が実施されました。

喘息・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎にかかっていた生徒が、かかっていない生徒よりタバコ製品(加熱式タバコを含む)を多く吸っていたという結果が出ています。

また、直接タバコを吸っていなくても受動喫煙によって喘息などのアレルギー性疾患のリスクが高まることが分かったので、加熱式タバコであったとしても妊婦や赤ちゃんなど周りの人に悪影響を及ぼす害があると言えるでしょう。

参考文献:Yahoo!ニュース

グローの副流煙による害②:頭痛

加熱式タバコは副流煙である煙は出ませんが、吐き出した空気にはニコチンなどの有害物質が含まれているので頭痛を感じる方がいます。

紙巻きタバコに比べ吐き出した空気が目に見えにくい加熱式タバコは、無意識に有害物質を吸い込んでしまっている可能性が非常に高いです。

加熱式タバコでもタバコ葉を吸っている事実は変わらないので、副流煙で頭痛を訴える方がいてもおかしくはありません。

グローの副流煙による害③:化学物質過敏症

加熱式タバコの普及によって化学物質過敏症の患者が増加しています。加熱式タバコから発生する蒸気(加熱式たばこベイパー)によって、喘息などの呼吸器系・頭痛・めまい・腹痛などの症状が出る病気だと言われています。

すでに喘息の方や化学物質過敏症の方がグローなどの加熱式タバコの副流煙を吸ってしまうと体調を崩してしまう可能性が高いので、周りに喘息の方がいる場合は使用を控える事をおすすめします。

化学物質過敏症の方にとっては紙巻きタバコよりも有害となり得る加熱式タバコなのでお気を付けください。

参考文献:Yahoo!ニュース

glo(グロー)の副流煙は妊婦や赤ちゃんに有害な影響はないか解説まとめ

ドクタースティック バナー

glo(グロー)の副流煙や有害物質、妊婦や赤ちゃんへの影響について徹底解説しました。

有害物質90%~95%カットは実験で証明されている結果で、紙巻きタバコと比較するとグローはニコチン量・環境への有害物質放出量がかなり低くなっていることが分かりました。

しかし、化学物質過敏症の方は喘息・頭痛などの症状を引き起こしてしまう可能性もあるので、加熱式タバコを吸う場合でも妊婦や赤ちゃんが近くにいる方は喫煙を控える事をおすすめします。

有害物質を抑えて喫煙を楽しみたい方はドクタースティックがおすすめです。公式サイト限定で8,000円OFF+30日間全額返金保証付きと破格な価格で買えるキャンペーンを実施中なので、お試し感覚でお得にGETしてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
NAHA
紙巻きタバコから加熱式タバコに乗り換えたiQOSユーザーです。アイコスを吸い始めてから加熱式タバコの沼にハマっていて、グローやリルハイブリッドなど色々楽しんでいます!VAPE・紙巻きタバコなどの記事も書いていくので、喫煙ライフをより一層豊かにしていきましょう!
誰もが吸っている最強タバコ『Dr.Stick』が今だけ8,000円割引!
ドクタースティック CTA

毎日飛ぶように売れている「Dr.Stick(ドクタースティック)」は、今までとは比べものにならないほどの確かな吸いごたえを実感できる令和時代最強のタバコと称されています。

数多くの芸能人もこぞって愛煙していることからTwitterやInstagramを始め、各SNSで人気爆発中。今となっては一度も吸ったことがない方や名前すら聞いてもピンと来ない方は時代遅れ!と笑われてしまうほどに日本で大ブームのタバコなんです。

そんな誰もが吸っているドクタースティックが今だけ限定で8,000円OFF+30日間全額返金保証付きで購入できる破格のキャンペーンを実施中。しかし、このお得なキャンペーンは終了間近なので、まだドクタースティックを試していない方はお急ぎください!