IQOS

【新型】アイコスイルマ・アイコスイルマプライムの違いを徹底比較!

アイコスイルマプライム 違い 

新型アイコス4とも噂されていたアイコスイルマシリーズから新発売の「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」と「IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)」にはどのような違いがあるのでしょうか?

結論から言うと「アイコスイルマ」と「アイコスイルマプライム」はスペック(機能面)の違いはなく、デザインや質感など見た目の違いのみとなっています。

本記事では、互換性がある2種類のデバイスを徹底比較して解説する上に、アイコスの従来デバイスである「アイコス3デュオ」と比較したときの違いや進化した機能の一覧もご紹介します。

※見ないと確実に後悔します

誰もが吸っているタバコ『ドクタースティック』をまだ試してない方はお急ぎください!
今だけ限定で8,000円引き+全額返金保証付きの破格キャンペーンは終了間近!!

目次

【新型アイコス4】IQOS ILUMA(アイコスイルマ)シリーズの特徴や機能

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)シリーズの特徴や機能

アイコス待望の新型デバイスのIQOS ILUMA(アイコスイルマ)シリーズですが、旧型から進化した特徴・機能について簡単にご紹介します。

新型アイコスイルマシリーズ2種類「アイコスイルマ」と「アイコスイルマプライム」の概要一覧は下記の通りです。

アイコスイルマ・アイコスイルマプライムの違いを比較

アイコスイルマ アイコスイルマプライム
値段(税込) 8,980円(税込) 12,980円(税込)
モデル スタンダードモデル フラッグシップモデル
カラー 5色 4色
サイズ 【ホルダー】
高さ101mm/直径14.5mm
【チャージャー】
高さ121.5mm幅47mm/奥行23.4mm
【ホルダー】
高さ101mm/直径14.5mm
【チャージャー】
高さ117.2mm/幅44.7mm/奥行22.2mm
重さ 【ホルダー】30.5g
【チャージャー】116.5g
【ホルダー】30.5g
【チャージャー】141g
アクセサリー プレミアムリング
ドアカバー
スリーブ
スリーブ+
プレミアムリング
ラップカバー
フルラップカバー
たばこスティック テリア専用 テリア専用
加熱ブレード なし なし
加熱方法 スマートコア スマートコア
連続使用 2回 2回
充電サイクル 20回ごと 20回ごと
充電時間 135分 135分
充電ケーブル USB Type-Cケーブル USB Type-Cケーブル
動作温度 0℃~40℃ 0℃~40℃
アイコスイルマ アイコスイルマプライム
値段
(税込)
8,980円 12,980円
モデル スタンダードモデル フラッグシップモデル
カラー 5色 4色
チャージャー
サイズ
高さ121.5mm
幅47mm
奥行23.4mm
高さ117.2mm
幅44.7mm
奥行22.2mm
ホルダー
サイズ
高さ101mm 直径14.5mm 高さ101mm 直径14.5mm
重さ 【ホルダー】
30.5g
【チャージャー】
116.5g
【ホルダー】
30.5g
【チャージャー】
141g
アクセサリー プレミアムリング
ドアカバー
スリーブ
スリーブ+
プレミアムリング
ラップカバー
フルラップカバー
たばこスティック テリア専用 テリア専用
加熱ブレード なし なし
加熱方法 スマートコア スマートコア
連続使用 2回 2回
充電サイクル 20回ごと 20回ごと
充電時間 135分 135分
充電ケーブル USB Type-Cケーブル USB Type-Cケーブル
動作温度 0℃~40℃ 0℃~40℃

「アイコスイルマ」と「アイコスイルマプライム」はデバイスデザインや重さなど見た目の違いが大きく、進化した加熱式タバコとしてのスペックはほとんど変わりません。

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを解説する前に、2つのデバイスで共通するアイコスイルマシリーズの特徴について簡単に解説していきます。

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの見た目の違いについては、次の章「アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違い」の中で画像付きで比較しています。

アイコスイルマシリーズの特徴①:こだわりのデバイス2種類

IQOS ILUMA(アイコスイルマ IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム

既に何度かご紹介していますが、アイコスイルマシリーズには「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」と「IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)」の2種類のデバイスがあります。

デバイスの見た目や質感が異なる2つのデバイスは下記の特徴があります。

デバイス2種類

アイコスイルマ:IQOS定番モデルの進化版「スタンダードモデル」
アイコスイルマプライム:ワンランク上のこだわりを追求したIQOS最上位「フラッグシップモデル」
※2種類のデバイスには互換性があります

アイコスイルマはアイコス3デュオなど従来のアイコスモデルと同じ形を継承しながらも内部の構造が進化したモデルなので、直感的に使用しやすいデバイスとなっています。

一方、アイコスイルマプライムはアイコス最上位モデルで、アイコスイルマと比較して4,000円も値段が高く、細部までこだわり抜いた高級感のあるワンランク上のデバイスです。

アイコスイルマシリーズの特徴②:加熱ブレードがない

アイコスと言えば加熱ブレードでヒートスティックを中心から加熱して強い吸いごたえを実現していることが特徴でしたが、アイコスイルマシリーズでは加熱ブレードが廃止されました

なお、アイコスイルマ専用に開発されたスマートコアインダクションシステムでは加熱ブレードがなくても直接加熱が可能となり、専用ヒートスティック「テリア」の内部にある金属プレートによってタバコ葉を中心から加熱するので、強い吸いごたえを実現しています。

加熱ブレード廃止のメリット
  • 加熱ブレードが原因の故障がない
  • クリーニングが楽
  • ニオイが少ない

専用スティックの内部に金属プレートを埋め込むことによってデバイス自体の加熱ブレードを廃止する事に成功したので、アイコスの弱点とも言われていた加熱ブレード破損の心配がなくなり故障の可能性も低くなると言えるでしょう。

また、従来は加熱ブレードにタバコ葉を挿して加熱する構造であったためタバコ葉のカスが落ちやすい上にクリーニング回数も多かったのですが、掃除の手間が格段に減少します。

アイコスイルマ専用スティック「テリア」の構造・特徴

アイコスイルマ専用テリア 構造

加熱ブレードがなくても中心から加熱をするスマートコア技術を実現しているのは、アイコスイルマ専用スティック「テリア」に秘密があります。

テリアは上記の画像のように内部に小さな金属プレートが内蔵されており、この金属プレートが加熱するおかげで加熱ブレードがなくても強い吸い心地を実現する事が可能です

また、タバコ葉がむき出しになっていた旧型ヒートスティックとは異なり、テリアはフィルターでタバコ葉を密閉する構造なのでクリーニングも不要です。

アイコスイルマシリーズの味や吸いごたえに関しては、こちらの「【実機レビュー】アイコスイルマ・プライムの味や吸いごたえを解説」詳しくレビューしています。

アイコスイルマシリーズの特徴③:オートスタート機能

アイコスイルマシリーズではオートスタート機能を搭載しています。

専用たばこスティックを入れるだけで自動的に加熱が始まるので、加熱式タバコ特有の難しい操作がなくなりシンプルで使いやすく進化しました。

また、使用中にスティックが動いた場合やホルダーからスティックを取り出した場合には、自動で停止する「オートストップ機能」も搭載しているので安心して使用できます。

アイコスイルマシリーズの特徴④:スマートジェスチャー機能

アイコスイルマシリーズでは、従来のアイコスデバイスと比較して直感的に使用できる機能が増えています。

アイコスイルマシリーズの特徴的な機能は下記の通りです。

イルマシリーズの特徴的な機能

スマートジェスチャーリフトアップ機能:使用していないときにホルダーを手前に傾けると使用回数をライトで確認できる
スマートジェスチャーダブルタップ機能:使用中にホルダーを叩くと残り使用時間をバイブレーションで通知

従来のアイコスデバイスのようにボタンを押して使用回数や残り使用時間を確認する必要はなく、ホルダーを傾けたり叩くことによって確認できるように進化しました。

文章で見ると使い方が少し難しそうですが、アイコスイルマに慣れるとかなり直感的に使用しやすくなるので使い心地が格段にアップすると言えるでしょう。

ダブルタップ機能はオンオフの設定が可能

アイコスイルマシリーズの特徴:スマートジェスチャー機能の詳細

リフトアップ機能
  • ライト2つ点灯:たばこスティック2本使用可能
  • ライト1つ点灯:たばこスティック1本使用可能
ダブルタップ機能
  • バイブレーション4回:残り使用時間100%~75%
  • バイブレーション3回:残り使用時間75%~50%
  • バイブレーション2回:残り使用時間50%~25%
  • バイブレーション1回:残り使用時間25%未満

アイコスイルマシリーズより安くて美味いタバコは『ドクタースティック』

ドクタースティック バナー

アイコスから待望の新型アイコス4であるアイコスイルマ・アイコスイルマプライムが発売されましたが、新次元のアイコスよりコスパも味も最高の次世代デバイス「ドクタースティック」をご存知でしょうか?

ドクタースティックならタバコ7箱分が僅か1箱で完結するので高コストパフォーマンスを実現!さらに1年間で約9万以上も節約できるんです。

少しでも値段を抑えるならプライムよりアイコスイルマがおすすめですが、ドクタースティックなら初回8,000円OFFで購入できるキャンペーンを実施中なので、アイコスイルマより初期費用が抑えられます。

もちろんアイコスに勝る確かな吸いごたえを実現しているのでキック感も申し分なし!今だけ30日間全額返金保証付きなので、ドクタースティックの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか?

【保存版】アイコスイルマの使い方・吸い方・充電方法を徹底解説新型アイコス4の「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」について、初めての方でも分かる使い方・吸い方の完全版をご紹介!充電方法や新機能のオートスタート・スマートジェスチャーはもちろん、IQOSアプリなどの便利な機能も網羅できる記事です。...
アイコスイルマプライム 使い方
【保存版】アイコスイルマプライムの使い方・吸い方・充電方法を解説アイコスの最上位モデル「IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)」の使い方・吸い方・充電方法をご紹介します。オートスタート・スマートジェスチャー機能やIQOSアプリなども詳しくご紹介した完全版なので、初めての方は必見です。...

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)とIQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)の違い

アイコスイルマ アイコスイルマプライム 違い比較

アイコスイルマシリーズは従来のアイコスデバイスから大幅に進化したデバイスであることが分かりましたが、ここからは「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」と「IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)」の違いを比較します。

結論から言うと、先ほどご紹介したアイコスイルマシリーズの進化したスペック内容はほとんど同じでデザインや重さ・カラーなど見た目の違いが大きいです。

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違い
  1. 値段
  2. デザイン
  3. カラー
  4. 素材
  5. サイズ・重さ

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いは上記の通りです。

それぞれの違いについて画像付きで詳しく解説していきます。

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを比較①:値段

アイコスイルマとアイコスイルマプライムを比較した時の最も分かりやすい違いは値段です。

アイコスイルマシリーズの値段

アイコスイルマ:8,980円(税込)
アイコスイルマプライム:12,980円(税込)

アイコスイルマはアイコス従来モデルの進化版デバイスとなっていますが、値段は8,980円(税込)で従来デバイスと比較すると値段が高い新型デバイスだと言えます。

アイコスイルマからさらに4,000円も値段が高いアイコスイルマプライムは細部までこだわり抜いたデザインで上質感を実現したワンランク上の新型デバイスです。

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを比較②:デザイン

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを比較

上記のように画像を比較すると分かりやすいですが、アイコスイルマとアイコスイルマプライムではデバイスの形が違います。

アイコスイルマは従来のアイコスデバイスであるアイコス3デュオとほとんど変わらない見た目となっていますが、アイコスイルマプライムはチャージャーが四角いポケットのような形でスマートな印象です。

アイコスイルマ・アイコスイルマプライムともにホルダーの大きさは同じなので、互換性があります。

デバイスデザインの違いを比較:アイコスイルマ

デバイスデザインの違いを比較 アイコスイルマ

アイコスイルマシリーズのスタンダードモデルで、従来のアイコスデバイスの形を引き継いだまま最新技術を搭載した進化版デバイスです。

基本的な使い方が従来デバイスと同じなので、旧型デバイスから新型デバイスへの移行の際に滞りなくスムーズに使える可能性が高いと言えるでしょう。

スマートコア技術やオートスタート機能など進化した最新技術はアイコスイルマプライムと変わらないので、デザインにこだわりがない方や少しでも安く買いたい方はアイコスイルマが最適です。

アイコスイルマ 口コミ評判
【最新】新型アイコスイルマの口コミ評判や評価を検証レビュー!新型IQOS ILUMA(アイコスイルマ)の良い口コミ評判・悪い口コミ評判を検証レビュー!実際にアイコスイルマ専用スティックの「テリア」全銘柄を吸ってみた実機レビューやSNSなどでのリアルな評価から、アイコスイルマの口コミを徹底検証します!...

デバイスデザインの違いを比較:アイコスイルマプライム

デバイスデザインの違いを比較 アイコスイルマプライム

アイコスイルマプライムはチャージャーが名刺入れのような形をしていることが特徴で、加熱式タバコとは思えないスマートさを兼ね備えているデバイスです。

ホルダーの収納方法も従来モデルとは違い、真横の向きで両端をはめ込むタイプとなっていて、ホテルの懐中電灯のような仕組みになっています。

アイコスの最上位モデルとなっておりワンランク上のこだわりが楽しめるので、上質で高級感のあるデバイスが欲しい方や値段が高くてもデザインにこだわりたい方はアイコスイルマプライムがおすすめです。

アイコスイルマプライム 口コミ
【最新】新型アイコスイルマプライムの口コミ評判を検証レビュー!アイコスから発売された新型IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)の良い口コミや悪い評判について徹底解説!世間での口コミ評判・評価が本当なのかを検証したレビューとテリアスティック全種類のレビューも紹介しているので必見です。...

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを比較③:カラー

アイコスイルマとアイコスイルマプライムではデバイスカラーのバリエーションが異なります。

スタンダードモデルのアイコスイルマが5色展開で、デザインにこだわったアイコスイルマプライムが4色展開となっています。

デバイスカラーの違いを比較:アイコスイルマ

アイコスイルマのデバイスカラーは下記の通りです。

【5種類】アイコスイルマのカラー
  • ぺブルグレー
  • ぺブルベージュ
  • モスグリーン
  • アズールブルー
  • サンセットレッド

新発売されたばかりにもかかわらずカラーバリエーションが豊富という特徴があり、5種類のカラーバリエーションとなっています。

オーソドックスなグレーやベージュだけでなく、緑・青・赤など好みのデザインを見つけやすいと言えるでしょう。

アイコスイルマ カラー
アイコスイルマの新色・人気色・限定カラー全5種類ランキングアイコスの新型「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」のデバイスカラー人気ランキングを発表!アイコスイルマの新色・人気色・限定カラーを含め全種類を解説しつつ、アイコスイルマ用アクセサリーの一覧や他のアイコスデバイスとの比較もご紹介します。...

デバイスカラーの違いを比較:アイコスイルマプライム

アイコスイルマプライムのデバイスカラーは下記の通りです。

【4種類】アイコスイルマプライムのカラー
  • オブシディアンブラック
  • ゴールドカーキ
  • ブロンズトープ
  • ジェイドグリーン

アイコスイルマプライムはデザインにこだわり抜いたワンランク上のデバイスであることから、ゴールドやブロンズなど高級感のあるカラーが多いです

また、全体的に光沢感のあるデバイスとなっていて、アイコスの最上位モデルという名にふさわしい上質なデザインのデバイスとなっています。

アイコスイルマプライムの人気色・新色・限定カラー全4種類ランキング新型アイコス4の最上位モデル「IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)」の人気色・新色・限定カラーなど全種類の人気ランキングをご紹介!アイコスイルマプライム専用アクセサリーやアイコスイルマとの違いや特徴もご紹介します。...

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを比較④:素材

アイコスイルマシリーズ 素材の違いを比較

アイコスイルマとアイコスイルマプライムではデバイスの素材が違います。

アイコスイルマシリーズの素材

アイコスイルマ:マットな肌触り
アイコスイルマプライム:フタの部分が布製

アイコスイルマはアイコス3デュオとデバイスの形は変わりませんが、チャージャーの外側が少しマットな質感となりツルツル滑る感覚が減って持ちやすくなっています

アイコスイルマプライムはフタの部分が布製となっており、高級感がある生地で見た目だけでなく肌触りも快適になるようこだわり抜かれたデバイスです。

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを比較⑤:重さ

アイコスイルマとアイコスイルマプライムではホルダーの大きさは同じなので互換性があり、同じホルダーをアイコスイルマ・アイコスプライムそれぞれのチャージャーで使い回すこともできます。

しかし、チャージャー自体は全く違う形をしていて大きさ・重さが異なるので、慣れていないデバイスでは使用感が異なる可能性が高いです

アイコスイルマ アイコスイルマプライム
サイズ 【ホルダー】
高さ101mm/直径14.5mm
【チャージャー】
高さ121.5mm/幅47mm/奥行23.4mm
【ホルダー】
高さ101mm/直径14.5mm
【チャージャー】
高さ117.2mm/幅44.7mm/奥行22.2mm
重さ 【ホルダー】30.5g
【チャージャー】116.5g
【ホルダー】30.5g
【チャージャー】141g
アイコスイルマ アイコスイルマ
プライム
ホルダー
サイズ
高さ101mm
直径14.5mm
高さ101mm
直径14.5mm
チャージャー
サイズ
高さ121.5mm
幅47mm
奥行23.4mm
高さ117.2mm
幅44.7mm
奥行22.2mm
重さ 【ホルダー】
30.5g

【チャージャー】
116.5g

【ホルダー】
30.5g

【チャージャー】
141g

ホルダーはサイズ・重さともに同じとなっていて、互換性があることが分かります。

それに対しチャージャーは、アイコスイルマの方が高さ・幅・奥行ともに一回り大きくなっています。

アイコスイルマプライムはサイズが小さいにもかかわらず重さはアイコスイルマより24.5g重くなっているので、デザインにこだわった分コンパクトで重厚感があるデバイスであると言えるでしょう。

アイコスイルマの値段が高いと感じた方は「ドクターベイプモデル2」がおすすめ!

ドクターベイプモデル2ドクターベイプモデル2

アイコスイルマ・アイコスイルマプライムの値段が高いと感じた数多くの喫煙者がアイコスの購入をやめてドクターベイプモデル2を選ぶ理由をお教えします!

ドクターベイプモデル2はタバコ4箱分が1箱換算とアイコスに比べコスパ最強の次世代タバコです。もちろんアイコスのように芋臭いこともありません。

さらに吸った瞬間に驚く吸いごたえを体感できるので「臭いタバコより断然こっちでしょ!」と口コミでも高評価の実績を誇っているほか、芸能人もこぞって愛煙中の最先端デバイスです。

そんなドクターベイプモデル2が初回3,900円OFFで購入できる発売記念キャンペーンを実施中。濃厚な吸いごたえを味わいたい方は公式サイトドクターベイプモデル2を要チェック!

アイコスイルマプライム コンビニ
アイコスイルマ・プライム・テリアのコンビニ発売日や値段を徹底解説「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」「IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)」のコンビニ発売日や値段を解説!セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンで買える新型アイコス4と専用たばこ「テリア」全種類をご紹介!...
アイコスイルマプライム 発売日
【IQOS4】新型アイコスイルマの発売日は9月で確定!新型IQOS4「アイコスイルマ」「アイコスイルマプライム」の発売日は9月2日で確定です!ここでは先行発売日や新加熱技術であるスマートコア技術に対応した専用銘柄テリアには金属片を搭載しているなど新型アイコスについて徹底解説しているので必見!...

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)シリーズと従来のアイコスデバイスであるアイコス3デュオを比較

アイコスイルマシリーズとアイコス3デュオの違いを比較

最後に、IQOS ILUMA(アイコスイルマ)シリーズと従来のアイコスデバイスであるIQOS 3 DUO(アイコス3デュオ)の違いを比較していきます。

新型デバイスの「アイコスイルマ」「アイコスイルマプライム」と旧型デバイスの「アイコス3デュオ」違いについて比較一覧は下記の通りです。

【新型】アイコスイルマ 【新型】アイコスイルマプライム 【旧型】アイコス3デュオ
値段 8,980円(税込) 12,980円(税込) 6,980円(税込)
カラー ぺブルグレー
ぺブルベージュ
モスグリーン
アズールブルー
サンセットレッド
オブシディアンブラック
ゴールドカーキ
ブロンズトープ
ジェイドグリーン
ベルベットグレー
ウォームホワイト
ブリリアントゴールド
ステラ―ブルー
サイズ 【ホルダー】
高さ101mm/直径14.5mm
【チャージャー】
高さ121.5mm幅47mm/奥行23.4mm
【ホルダー】
高さ101mm/直径14.5mm
【チャージャー】
高さ117.2mm/幅44.7mm/奥行22.2mm
【ホルダー】
高さ92.27mm/直径14.42mm
【チャージャー】
高さ114.7mm/幅46.3mm/奥行22.88mm
重さ 【ホルダー】30.5g
【チャージャー】116.5g
【ホルダー】30.5g
【チャージャー】141g
【ホルダー】22g
【チャージャー】108g
アクセサリー プレミアムリング
ドアカバー
スリーブ
スリーブ+
プレミアムリング
ラップカバー
フルラップカバー
キャップ
ドアカバー
たばこスティック テリア専用 テリア専用 マールボロヒートスティック
ヒーツ
加熱ブレード なし なし あり
加熱方法 スマートコア スマートコア 加熱ブレード
連続使用 2回 2回 2回
充電サイクル 20回ごと 20回ごと 20回ごと
充電時間 135分 135分 120分
充電ケーブル USB Type-Cケーブル USB Type-Cケーブル USB Type-Cケーブル
動作温度 0℃~40℃ 0℃~40℃ 0℃~50℃​
【新型】
アイコスイルマ
【新型】
アイコスイルマプライム
【旧型】
アイコス3デュオ
値段 8,980円(税込) 12,980円(税込) 6,980円(税込)
カラー ぺブルグレー
ぺブルベージュ
モスグリーン
アズールブルー
サンセットレッド
オブシディアンブラック
ゴールドカーキ
ブロンズトープ
ジェイドグリーン
ベルベットグレー
ウォームホワイト
ブリリアントゴールド
ステラ―ブルー
サイズ 【ホルダー】
101mm/直径14.5mm
【チャージャー】
121.5×47×23.4mm
【ホルダー】
101mm/直径14.5mm
【チャージャー】
117.2×44.7×22.2mm
【ホルダー】
92.27mm/直径14.42mm
【チャージャー】
114.7mm×46.3mm×2.88mm
重さ 【ホルダー】
30.5g
【チャージャー】
116.5g
【ホルダー】
30.5g
【チャージャー】
141g
【ホルダー】
22g
【チャージャー】
108g
アクセ
サリー
プレミアムリング
ドアカバー
スリーブ
スリーブ+
プレミアムリング
ラップカバー
フルラップカバー
キャップ
ドアカバー
たばこ
スティック
テリア専用 テリア専用 マールボロヒートスティック
ヒーツ
加熱ブレード なし なし あり
加熱方法 スマートコア スマートコア 加熱ブレード
連続使用 2回 2回 2回
充電サイクル 20回ごと 20回ごと 20回ごと
充電時間 135分 135分 120分
充電ケーブル USB Type-C USB Type-C USB Type-C
動作温度 0℃~40℃ 0℃~40℃ 0℃~50℃​

新型のアイコスイルマとアイコスイルマプライムはホルダーが全く同じ構造なので互換性がありますが、アイコス3デュオとは全く互換性がありません

従来のアイコスデバイスではヒートスティックが共通となっていましたが、アイコスイルマシリーズは専用ヒートスティックの「テリア」のみしか使用できないので注意が必要です。

アイコスイルマシリーズは、加熱ブレードがついているこれまでのアイコスデバイスからは一新された新時代のデバイスだと言えるでしょう。

新型アイコスイルマシリーズと旧型アイコス3デュオの共通点

新型アイコスイルマシリーズと旧型アイコス3デュオの違いを比較する前に、新型と旧型の共通点を簡単にまとめました。

新型と旧型の共通点
  • 2回連続使用できる
  • 充電サイクルは20回ごと
  • USB Type-C充電ケーブル

アイコスの利点とも言える2回の連続使用が可能という特徴は、新型のアイコスイルマシリーズでもしっかりと継承してくれています。

また、充電ケーブルの種類や充電サイクルも変わっておらず充電時間も15分長くなるだけなので、アイコス3デュオのスムーズな使用感はそのまま楽しめます

アイコスイルマシリーズはまさに従来のアイコスのメリットのみを引き継いだアイコスの進化版デバイスだと言えるでしょう。

新型アイコスイルマシリーズと旧型アイコス3デュオの違い①:たばこスティック

たばこスティックの違いを比較

新型アイコスイルマシリーズと旧型アイコス3デュオの最も大きな違いはたばこスティックです。

今まではアイコスの全デバイス共通で「マールボロヒートスティック」「ヒーツ」が使用されていましたが、アイコスイルマ専用の「テリア」が新登場しました

たばこスティックの違い

アイコスイルーマシリーズ:「テリア」11銘柄
アイコス従来デバイス:「マールボロヒートスティック」12銘柄・「ヒーツ」11銘柄

「テリア」は新型アイコスイルマシリーズのために設計されたたばこスティックで、内部に誘熱体(金属プレート)が埋め込まれています。

内部の金属プレートがタバコ葉を中心から加熱することによって、しっかりとした吸いごたえと満足感のある味わいを楽しめる「スマートコアインダクションシステム」を実現しています。

新型アイコスイルマシリーズと旧型アイコス3デュオの違い②:クリーニングの手軽さ

テリア フロントシール

画像左側の旧型アイコス用スティックでは加熱ブレードに挿しこんだタバコ葉がデバイスの底にポロポロと落ちてしまい毎回タバコ葉のカスを掃除する必要がありました。

しかし、アイコスイルマシリーズから加熱ブレードが廃止されたことによって、タバコ葉が落ちることがなくなりクリーニングも不要となります。

また、アイコスイルマ専用のたばこスティック「テリア」は上記の画像(右側)のようにフロントシールで密閉されている構造なので、タバコ葉のカスが落ちることを防いで清潔に保ってくれます

アイコスイルマは従来のアイコスデバイスよりもニオイが少ないと感じる方が多いです。

新型アイコスイルマシリーズと旧型アイコス3デュオの違い③:耐久性

アイコス3デュオを含む旧型アイコスデバイスでは、加熱ブレードが折れて使用できなくなるケースが少なくはありませんでした。

折れやすい加熱ブレードの耐久性が問題視されていましたが、加熱ブレードがなくなった新型アイコスイルマシリーズは、ブレード破損の心配がない上に汚れにくいので信頼感があります。

また、アイコスイルマシリーズとアイコス3デュオと比較すると重さが増えているので、この特徴からも耐久性はアップしていると言えるでしょう。

【アイコス】テリア11銘柄が発表! ILUMA専用の銘柄で確定!新型アイコスILUMA(イルマ)の専用ヒートスティック「テリア」11銘柄が新発売されるという発表がありました。マルボロヒートスティックなどの従来のアイコス専用スティックとの違いや特徴、新作「テリア」のメリットについて詳しく解説します。...

【新型】アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを徹底比較!まとめ

ドクタースティック バナー

新型アイコス4と呼ばれ注目を浴びているアイコスイルマシリーズの特徴について徹底解説しました。

互換性がある「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」と「IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)」の違いを比較したところ、スペックの違いはほとんどなくデバイスデザインが大きく異なることが分かりました。

特にこだわりがない方は値段とスペックのバランスが取れたスタンダードモデルの「アイコスイルマ」が最適で、デザインやカッコよさにこだわりたい方は「アイコスイルマプライム」がおすすめです。

しかし、今回ご紹介したドクタースティックならアイコスイルマより格段に安い値段で美味さも吸いごたえも味わえる次世代タバコ!今だけ8,000円OFF+30日間全額返金保証付きでGETできるので公式サイトを確認してみてください。

ABOUT ME
NAHA
紙巻きタバコから加熱式タバコに乗り換えたiQOSユーザーです。アイコスを吸い始めてから加熱式タバコの沼にハマっていて、グローやリルハイブリッドなど色々楽しんでいます!VAPE・紙巻きタバコなどの記事も書いていくので、喫煙ライフをより一層豊かにしていきましょう!
誰もが吸っている最強タバコ『Dr.Stick』が今だけ8,000円割引!
ドクタースティック CTA

毎日飛ぶように売れている「Dr.Stick(ドクタースティック)」は、今までとは比べものにならないほどの確かな吸いごたえを実感できる令和時代最強のタバコと称されています。

数多くの芸能人もこぞって愛煙していることからTwitterやInstagramを始め、各SNSで人気爆発中。今となっては一度も吸ったことがない方や名前すら聞いてもピンと来ない方は時代遅れ!と笑われてしまうほどに日本で大ブームのタバコなんです。

そんな誰もが吸っているドクタースティックが今だけ限定で8,000円OFF+30日間全額返金保証付きで購入できる破格のキャンペーンを実施中。しかし、このお得なキャンペーンは終了間近なので、まだドクタースティックを試していない方はお急ぎください!