lil HYBRID

リルハイブリッドでアイコスは吸える?互換性や違いを徹底比較!

リルハイブリッド アイコス

韓国のタバコ会社KT&Gが発売しているlil HYBRID(リルハイブリッド)は、日本ではIQOS(アイコス)が販売しているため、リルハイブリッドでアイコスのタバコスティックを吸えると思っている方が多くいます。

結論から言うと、リルハイブリッドでアイコスは吸えませんし、無理に吸おうとすると故障の原因に繋がるので止めましょう。

本記事では、リルハイブリッドでアイコスが使えるのか?を踏まえ、互換性や違いについて比較した内容をお届けしていきます。

※見ないと確実に後悔します

誰もが吸っているタバコ『ドクタースティック』をまだ試してない方はお急ぎください!
今だけ限定で8,000円引き+全額返金保証付きの破格キャンペーンは終了間近!!

目次

lil HYBRID(リルハイブリッド)は第5の次世代加熱式タバコ

リルハイブリッド

2021年2月より全国販売を開始した話題の加熱式タバコ「lil HYBRID(リルハイブリッド)」は、韓国のタバコ会社KT&Gが発売した加熱式タバコで、国内ではIQOS(アイコス)を手掛けるPMJ(フィリップモリスジャパン)が販売しています。

アイコスを含めた他の加熱式タバコは、高温加熱式タバコか低温加熱式タバコの2種類に分類されていましたが、リルハイブリッドの加熱温度は平均160℃なので中温加熱式タバコに分類されます。

これまでのアイコスとは違い、リルハイブリッドはリキッドとタバコスティックを用いた全く新しいテクノロジーを搭載した第5の加熱式タバコと称され、次世代加熱式タバコとして日本で今最も人気のあるタバコデバイスです。

  • 高温加熱式タバコ:アイコス・グロー・プルームエスなど
  • 中温加熱式タバコ:リルハイブリッド
  • 低温加熱式タバコ:プルームテック・プルームテックプラス(ウィズ)

lil HYBRID(リルハイブリッド)とIQOS(アイコス)はどっちもに互換性がある?吸えるのか検証

リルハイブリッド アイコス 検証

中温加熱式タバコに分類されるlil HYBRID(リルハイブリッド)と高温加熱式タバコに分類されるIQOS(アイコス)は、同じPMJ(フィリップモリスジャパン)が販売しているので、双方に互換性があると思っている方も多いのではないでしょうか?

特にリルハイブリッドでアイコスのタバコスティックが吸えると思っている方も多い傾向にあるので、ここからはリルハイブリッドとアイコスの互換性について検証していきます。

先に検証した結論を申しますと、リルハイブリッドまたは、アイコスで双方のタバコスティックを吸うことはできませんでした。

リルハイブリッドでアイコスのタバコスティックは吸える?互換性を検証

リルハイブリッド アイコス 検証

早速、リルハイブリッドにアイコスのタバコスティックを挿入してみました。

リルハイブリッドはアイコスと違い、タバコスティックを挿入してからボタンの操作が必要なく、自動でタバコの加熱が開始されるのですが、画像の通りディスプレイには加熱を開始した合図が表示されません

リルハイブリッド アイコス 検証

本来リルハイブリッドはタバコスティックを挿入すると画像のように加熱を開始したディスプレイ画面が表示される仕組みです。

リルハイブリッドにアイコスを挿入しても、加熱を開始した合図がディスプレイに表示されなかったので、もちろんこれでは喫煙することができません。なのでリルハイブリッドでアイコスは吸えないという検証結果になりました。

アイコスでリルハイブリッドのタバコスティックは吸える?互換性を検証

リルハイブリッド アイコス 検証

続いて、アイコスにリルハイブリッドのタバコスティックを挿入してみましたが、検証結果としては奥までタバコスティックを挿入することができず加熱することができませんでした。

何故タバコスティックを奥まで挿入できなかったのかを簡潔に説明すると、そもそもタバコスティックの形状が異なるからです。

リルハイブリッド アイコス 検証

画像を見て頂ければお分かりになると思うのですが、リルハイブリッドの先端はタバコ葉ではなく「Y字型中空アセテートチューブ」という硬めのスポンジ状のものが搭載されているので、まず奥まで挿入することが不可能です。

力を入れて無理に差し込めば奥まで挿すことは可能でしょうが、アイコスの内部に搭載されている加熱ブレードが折れる可能性が大いにあるのでおすすめはしません。

デバイスの形状が似ているアイコス3マルチで検証しています。

リルハイブリッドとアイコスの互換性についての見解

リルハイブリッド アイコス 吸える

リルハイブリッドでアイコスは吸えるのか?アイコスでリルハイブリッドは吸えるのか?を検証した結果、吸えるどころか使うことすらできないことがわかりました。

そもそもアイコスでは他社製品のタバコスティック使用を推奨していないので、公式サイトには下記の注意書きが記載してあります。

IQOSでの他社製のたばこスティックの使用や、互換機でのIQOS専用たばこスティックの使用は推奨していません。
リル ハイブリッド™専用たばこスティックはIQOSデバイスでの使用はできません。 IQOS専用たばこスティックもリル ハイブリッド™で使用することはできません。

出典:IQOS製品たばこスティックについて

また万一、他社製品のタバコスティック並びにアイコスのタバコスティックを他社製品のデバイスで使用し、損傷した場合は保証の対象外になりますので、ご注意ください。

リルハイブリッド コンビニ
【最新】コンビニで買えるリルハイブリッドの色や値段を徹底解説!ローソン・ファミマ・セブンイレブンといったコンビニで買える最新の加熱式タバコlil HYBRID(リルハイブリッド)の値段や色、割引キャンペーン・在庫のあるカラーなどを徹底解説!コンビニ以外での購入方法やお得な価格で購入する方法も徹底解説!...
アイコス 値段 コンビニ
【最新割引情報】コンビニ別アイコス3デュオ・マルチの値段を解説IQOS3 DUO・IQOS3 MULTI(アイコス3デュオ・アイコス3マルチ)のファミリーマート・セブンイレブン・ローソンといったコンビニ別の値段を紹介しつつ、割引価格で購入出来る最新の割引キャンペーン詳細についても徹底解説しています。...

リルハイブリッドより最先端タバコ『ドクタースティック』

ドクタースティック バナー

リルハイブリッドの最大の難点は吸いごたえが軽いこと、アイコスの最大の難点は臭いがキツイことです。本体価格も他の加熱式タバコに比べて圧倒的に高い価格設定を設けています。

安いとは言えないお金で購入したのに自分には合わなかったと口コミも多く見かけますが、ドクタースティックならそんな心配は必要ありません。喫煙者も唸らせるほどの確かな吸いごたえ・タバコの臭いが0の次世代タバコと称されています。

公式サイト限定で今なら8,000円OFFの特別価格でお得に購入が可能な上に、さらに30日間全額保証付きドクタースティックをまだ試したことがない方は流行に乗れていない証です。

lil HYBRID(リルハイブリッド)とIQOS(アイコス)の違いを徹底比較

リルハイブリッド アイコス 比較

lil HYBRID(リルハイブリッド)とIQOS(アイコス)で両方のタバコスティックは吸えないことが分かったので、続いてはリルハイブリッドとアイコスの違いを解説していきます。

同じPMJ(フィリップモリスジャパン)が販売しているとはいえ、元々の製造元が韓国のリルハイブリッドは加熱温度も違えば専用のタバコスティックも異なり、喫煙方法もリキッドを用いて使用する点でアイコスとは大きくスペック詳細が違います。

ここからは、リルハイブリッドとアイコス3マルチ・アイコス3デュオのデバイス情報や搭載機能を始め、タバコスティックの種類や吸いごたえなどを細かく徹底比較していくので、是非参考にしてください。

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較①:デバイス情報

リルハイブリッド アイコス 比較

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・アイコス3デュオのデバイス情報を見やすい比較一覧表にまとめてみました。

リルハイブリッド アイコス3マルチ アイコス3デュオ
価格(税込) 6,980円 4,980円 6,980円
加熱温度 約160℃ 約300~350℃ 約300~350℃
加熱方法 周辺加熱式 中心加熱式 中心加熱式
サイズ 幅:22mm
奥行:33mm
高さ:112mm
幅:25mm
奥行:15mm
高さ:119mm
幅:46mm
奥行:22mm
高さ:114mm
ホルダー
サイズ
奥行:14mm
高さ:92mm
重量 95g 50g 本体:108g
ホルダー:22g
バッテリー 2,950mAh 記載なし 記載なし
連続使用 3回 10回 2回
1本の喫煙
可能回数
回数:14パフ
時間:約4分20秒
回数:14パフ
時間:約6分
回数:14パフ
時間:約6分
クリーニング
頻度
基本的に不要 20本に1回必要 20本に1回必要
ディスプレイ
機能
有り 無し 無し
リルハイブリッド アイコス3マルチ アイコス3デュオ
価格(税込) 6,980円 4,980円 6,980円
加熱温度 約160℃ 約300~350℃ 約300~350℃
加熱方法 周辺加熱式 中心加熱式 中心加熱式
サイズ 幅:22mm
奥行:33mm
高さ:112mm
幅:25mm
奥行:15mm
高さ:119mm
幅:46mm
奥行:22mm
高さ:114mm
ホルダー
サイズ
奥行:14mm
高さ:92mm
重量 95g 50g 本体:108g
ホルダー:22g
バッテリー 2,950mAh 記載なし 記載なし
連続使用 3回 10回 2回
1本の喫煙
可能回数
回数:14パフ
時間:約4分20秒
回数:14パフ
時間:約6分
回数:14パフ
時間:約6分
クリーニング
頻度
基本的に不要 20本に1回必要 20本に1回必要
ディスプレイ
機能
有り 無し 無し

リルハイブリッドとアイコス3マルチの見た目は似ていますが、サイズや重量を比較するとアイコス3マルチの方が軽くスリムであることが伺えます。

反対にアイコス3デュオでは本体とホルダーを合計した重さより、リルハイブリッドの方が軽い重量ですが、持った印象は結構ズッシリとした重さを感じました。

リルハイブリッドに搭載されているバッテリーは2,950mAhとあるので、重量の割に重いと感じるのはこれが要因かもしれません。

バッテリー容量2,950mAhはスマホのバッテリーに比例する容量です。

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較②:デバイスカラー

リルハイブリッド アイコス 比較

リルハイブリッドから展開されているデバイスカラーは定番カラーの全4種類に対し、アイコスでは限定色や販売終了カラーも合わせるとアイコス3マルチ全8種類・アイコス3デュオ全14種類の色が販売されています。

アイコスと比較すると圧倒的にリルハイブリッドのデバイスカラーは少ない傾向にありますが、全国販売を開始してまだ日も浅いので今後、新色が追加される日はそう遠くはないと言えるでしょう。

また、アイコスでも在庫を気にすることなく購入できる定番カラーはリルハイブリッドと同じ4種類になっています。

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの定番カラー

リルハイブリッドの定番カラー
  1. プリズムホワイト
  2. マットブラック
  3. メタリックブロンズ
  4. コバルトブルー
アイコス3マルチ・デュオの定番カラー
  1. ウォームホワイト
  2. ベルベットグレー
  3. ブリリアントゴールド
  4. ステラーブルー

アイコス3マルチ・アイコス3デュオの全デバイスカラーは、下記の記事で紹介しています。

アイコス3デュオの新色・人気色・限定カラー全種類ランキング

アイコス3マルチの新色・人気色・限定色全種類ランキング

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較③:加熱温度・加熱方法

リルハイブリッド アイコス 比較

リルハイブリッドの加熱温度が約160℃に対し、アイコス3マルチ・アイコス3デュオの加熱温度は約300~350℃と、約200℃以上も加熱温度に違いがあります。

またアイコスの加熱方法は中心加熱のため、タバコを中心から温める加熱ブレードを搭載しており、直接タバコ葉を加熱した味わいを楽しめる一方でアイコス特有の臭いや味に抵抗を抱える方も多いのが現状です。

反対にリルハイブリッドの加熱方法はタバコを周囲から温める周辺加熱を採用しているので、加熱式タバコ特有の臭いや味をそこまで感じることはありません。

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオを他の加熱式タバコの加熱温度と比較

アイコス3マルチ・アイコス3デュオと同じ高温加熱式タバコであるglo(グロー)は約280℃~約240℃、Ploom S(プルームエス)は約200℃であることを踏まえるとアイコスは一番加熱温度が高いデバイスです。

また、低温加熱式タバコであるPloom TECH(プルームテック)は約30℃、Ploom TECH+・with(プルームテックプラス・ウィズ)は約40℃なので、中温加熱式タバコのリルハイブリッドより約120℃以上も加熱温度に違いがあります。

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較④:喫煙方法

リルハイブリッド アイコス 比較

リルハイブリッドで喫煙するには専用のタバコスティック以外にリキッドカートリッジが必要になり、アイコスのようにデバイスとタバコだけ購入という訳にはいきません。

リルハイブリッドの最大の特徴は何といっても気化させたリキッドを通してタバコの味わいを楽しむハイブリッドテクノロジーを搭載していること。

そのため、高温加熱式タバコのアイコスでは味わえない美味しさを堪能できるほか、吸った後の口の中もタバコ風味が残らず不快感を感じることはありません。

リルハイブリッド喫煙時の注意点

リルハイブリッドは同じリキッドカートリッジを用いて喫煙するPloom TECH+・with(プルームテックプラス・ウィズ)のようにタバコの箱の中にカートリッジが同梱されておらず別売りとなっています。

タバコスティックを購入した際に専用リキッドカートリッジ(1箱80円)も一緒に購入するようにしましょう。

リルハイブリッド リキッド交換
リルハイブリッドのリキッドはパフ14回分?交換目安や補充についてタバコスティックとリキッドを組み合わせて使用する新しい加熱式タバコ「lil HYBRID(リルハイブリッド)」のリキッド交換目安や別のリキッドを補充する方法を解説します。リルハイブリッドは、タバコ1本に対して14パフまで吸うことが可能です。...

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較⑤:タバコスティックの形状

リルハイブリッド アイコス 比較

アイコスのタバコスティックはタバコ葉とフィルターのみで生成されていますが、リルハイブリッドのタバコスティックはY字型中空アセテートチューブ→タバコ葉→フィルターの順に作られています。

見た目の印象としては、Y字型中空アセテートチューブでタバコ葉が散らからないように蓋をしている印象を受け、実際にアイコスを含めた他社製品のタバコスティックに比べタバコ葉のカスが散乱していないと感じました。

またリルハイブリッドは周辺加熱方法を採用しているので、アイコスのようにタバコが挿しにくかったり、挿せたものの吸い込みが重く煙が吸えないなんて心配も必要ありません。

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較⑥:タバコスティックの種類

リルハイブリッド アイコス 比較

リルハイブリッドのタバコスティックはレギュラー・メンソール・フレーバーメンソールから全4種類のタバコが販売されているのに対し、アイコスではレギュラー・メンソール・フレーバーメンソールから全22種類ものタバコが販売されています。

また、銘柄に関してもリルハイブリッドは「ミックス」という1銘柄に対し、アイコスでは「マールボロ」と「ヒーツ」の2銘柄から選ぶことが可能です。

リルハイブリッドの製造元である韓国ではリルハイブリッド専用のタバコは日本より多くの種類が登場しているので、今後日本でもタバコの種類は増える傾向にあると考えておいても良いでしょう。

リルハイブリッド アイスプラス
リルハイブリッドから新フレーバー「MIIXアイスプラス」が新発売6月21日にlil HYBRID(リルハイブリッド)から新作「MIIXアイスプラス」が新発売します。ここではそんなリルハイブリッド専用のタバコ銘柄MIIXの新フレーバー「MIIXアイスプラス」の詳細や販売店・味・吸いごたえを紹介しています。...

リルハイブリッドとアイコスのタバコ詳細

リルハイブリッドのタバコ詳細
  • 種類:レギュラー・メンソール・フレーバーメンソール
  • タバコの値段:510円/1箱(20本)
  • リキッドの値段:80円/1個
  • 販売店:公式サイト・全国のコンビニ・タバコ店など
アイコスのタバコ詳細
  • 種類:レギュラー・メンソール・フレーバーメンソール
  • マールボロの値段:580円/1箱(20本)
  • ヒーツの値段:530円/1箱(20本)
  • 販売店:公式サイト・全国のコンビニ・タバコ店など

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較⑦:吸いごたえ・臭い

リルハイブリッド アイコス 比較

レギュラータバコでリルハイブリッドとアイコスの吸いごたえを比較したので、下記比較表をご覧ください。

リルハイブリッドは「ミックスレギュラー」アイコスは「マールボロレギュラー」で吸いごたえの違いや比較を検証しています。

リルハイブリッド アイコス
吸い
ごたえ
煙量
臭い
雑味

中心加熱方式を採用しているアイコスに比べるとリルハイブリッドの吸いごたえは軽めに感じますが、加熱式タバコ特有の臭いや雑味はあまり感じず普通に「美味しい」としか感じませんでした。

また、吐き出した煙に関してはアイコスとあまり変わらない印象を受けました。ただ、リルハイブリッドはリキッドを用いる加熱方式を搭載しているので、リキッドの残量が少なくなってくると煙量は少し薄いなと感じるかもしれません。

リルハイブリッドとアイコスのメンソール比較を確認する

リルハイブリッドとアイコスの吸いごたえを比較:メンソール

リルハイブリッドは「ミックスアイス」アイコスは「マールボロメンソール」で比較をしています。

リルハイブリッド アイコス
吸い
ごたえ
強さ

リルハイブリッドのミックスアイスはそこまで強いメンソールではないので、喉にグッとくる強めのメンソールを求めている方は「ミックスアイスプラス」がおすすめです。

マールボロメンソールのようなメンソールを味わいたい方はフレーバーメンソールである「ミックスミックス」がおすすめと言えるでしょう。

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較⑧:タバコスティックの吸い殻

リルハイブリッド アイコス 比較

リルハイブリッドの吸い殻は画像のように、タバコの真ん中部分にこんがりきつね色の加熱痕が付いているのに対し、アイコスは茶色く紙巻きタバコでいうヤニのようなものが滲み出ています

また、リルハイブリッドはY字型中空アセテートチューブが先端にあるので、アイコスのようにホルダーからタバコを抜いた時に焦げたタバコ葉がパラパラと落ちることはありません。

もちろんホルダー内部に焦げたタバコのカスが残ることもないので、ホルダーのキャップが閉まりにくくなるといった現象も起こりません。

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較⑨:連続使用回数

リルハイブリッド アイコス 比較

アイコス3デュオでは連続使用回数が2回、アイコス3マルチでは連続使用回数が10回になっていますが、リルハイブリッドでは3回連続でタバコの喫煙が可能になっています。

現行モデルであるアイコス3デュオと比較するとリルハイブリッドは1回多く、アイコス3マルチでは7回も少なくなりますが、アイコス3マルチはリルハイブリッドに比べて充電がすぐに切れるという問題点が挙げられます。

他にもアイコス3マルチは加熱ブレードが折れやすいという懸念点も挙げられるので、購入時の検討材料を連続使用回数のみにするのはおすすめしません。

リルハイブリッドとアイコス3マルチ・デュオの違いを比較⑩:クリーニング頻度

リルハイブリッド アイコス 比較

アイコスは20本に1回ペースでホルダー内部のクリーニングが推奨されており、クリーニングを怠るとタバコの味が不味くなります。またタバコスティックの吸い殻でも説明しましたが、ホルダーのキャップが閉まりにくくなることもあります。

その点リルハイブリッドのクリーニングは基本的に不要とされており、トラブルシューティングの場合のみクリーニングを行うだけで良いとされています。

アイコスのクリーニング時によくある「掃除をしていたら加熱ブレードが折れた」という故障あるあるもリルハイブリッドなら心配いりませんので、使い勝手の良さはアイコスより断然リルハイブリッドと言えるでしょう。

\メンテナンス不要/
Dr.Stick
ドクタースティック バナー

誰もがドクタースティックを選ぶ理由は…

  1. 本物みたいな吸いごたえ
  2. タール・ニコチン・嫌な臭いは全部”0”
  3. 初回限定でスターターキットが8,000円OFF
  4. フレーバー1箱あたりタバコ7箱分換算でコスパ最強
  5. 定期縛りは一切なし。いつでも解約OK

初回価格8,000円OFFとお得に買えるのは公式サイトだけ!しかし予想を遥かに上回る注文数のため在庫が無くなり次第、お得なキャンペーンは予告なく終了すると宣言しているので、今を逃すと最安値で買うチャンスを失ってしまいます。

lil HYBRID(リルハイブリッド)のメリットを解説

リルハイブリッド メリット

最近、全国販売が開始されたlil HYBRID(リルハイブリッド)ですが、IQOS(アイコス)に比べるとまだまだ使用している方は少ない加熱式タバコです。

リルハイブリッドとアイコスの互換性や違いについて検証や細かく比較した内容をお伝えしてきたので、ここからはリルハイブリッドのメリットを解説していきます。

リルハイブリッドに乗り換えようと検討している方は、先ほど紹介した比較内容と今から解説するメリットと後ほど紹介するデメリットも加味して検討材料にしてみてください。

  1. リキッドとタバコ両方の美味しさが味わえる
  2. タバコを挿せばオートスタート
  3. 基本的にクリーニングが不要

リルハイブリッドのメリット①:リキッドとタバコ両方の美味しさが味わえる

リルハイブリッドのメリット1つ目はリキッドとタバコ両方の美味しさを味わえることで、他の加熱式タバコやリキッドを用いる電子タバコ(VAPE)とは違った美味しさを堪能できることです。

アイコスを含めた他の加熱式タバコでは吐き出せない煙量はもちろんのこと、電子タバコでは成し得ないタバコ本来の風味を味わうことが可能なので、今までにない吸い心地と美味しさを堪能できます。

筆者自身も長年アイコスを愛用していましたが、初めてリルハイブリッドを試し吸いした時は「普通にアイコスより美味しい」と感じ、それからリルハイブリッドに乗り換えたほどです。

リルハイブリッドのメリット②:タバコを挿せば自動で加熱が開始される

リルハイブリッドのメリット2つ目はオートスタート機能を搭載していることです。

アイコスでは加熱時にボタン操作が必要ですが、リルハイブリッドはタバコスティックを挿すと自動で加熱が開始されるので、操作方法を覚える必要もなく誰でも使いこなすことができます。

また、アイコスでは喫煙後にタバコを抜く際、キャップを上げないとホルダーの中にタバコ葉がごっそり詰まってしまう問題点もありますが、リルハイブリッドでは喫煙後にキャップの上げ下げも必要ないので、そのままタバコを抜くだけで問題ありません。

リルハイブリッドのメリット③:基本的にクリーニングが不要

リルハイブリッドのメリット3つ目は基本的にクリーニングが不要な点で、トラブルシューティングの場合のみクリーニングを行えば良いとされています。

喫煙後もタバコの葉カスがデバイス内に落ちていることもありませんので、タバコスティックの差し込み内部は綺麗な状態が保たれており、アイコスのように1箱に1回ペースで掃除の必要がありません。

また、電子タバコやリキッドを用いて喫煙する他のデバイスと比べてもリキッドによる”液漏れ”もないので、長期的に使用する面ではかなりストレスフリーな加熱式タバコであると伺えます。

lil HYBRID(リルハイブリッド)のデメリットを解説

リルハイブリッド デメリット

lil HYBRID(リルハイブリッド)のメリットを3つ解説しましたので、ここからはデメリットを解説していきます。

第5の加熱式タバコと称されており、話題性が高まっているリルハイブリッドではありますが、メリットがあればもちろんデメリットと感じる点もあります。

リルハイブリッドの購入を検討している方は、今から解説するデメリットも確認してから自分に合っているタバコなのかを考えてみてください。

  1. デバイスが重くスリムではない
  2. タバコの種類が少ない
  3. 純正のアクセサリー類がない

リルハイブリッドのデメリット①:デバイスが重くスリムではない

リルハイブリッドのデメリット1つ目はアイコス3マルチと比べると重量は重くスリムではないことです。

アイコス3マルチの重さが50gに対しリルハイブリッドは95gも重さがあるので、持った印象はズッシリとした重みを感じます。

アイコス3デュオは本体とホルダーの合計が130gとリルハイブリッドの方が軽い設計ではありますが、実質アイコス3デュオは22gのホルダーで喫煙をするので、どうしても喫煙時は重みを感じることがあります。

リルハイブリッドのデメリット②:タバコの種類が少ない

リルハイブリッドのデメリット2つ目はタバコスティックの種類が少ないことです。

味はレギュラー・メンソール・フレーバーメンソールと3種類から選ぶことができますが、それぞれの味の中でも1種類~2種類ほどしか展開されていないのでアイコスのように自分に合ったタバコを選ぶことができません。

その時の気分やタバコの中でも味に強弱が付いているもの、フレーバーメンソールの基本となる味を選ぶことことができないのはデメリットと言えるでしょう。

リルハイブリッドのデメリット③:純正のアクセサリー類がない

リルハイブリッドのデメリット3つ目は純正のアクセサリー類が販売されていないことです。

アイコスのようにキャップをカスタマイズしたり、デバイスを傷や汚れから守るケースやカバーが公式から販売されていません。

純正以外の製品であれば通販サイト(Amazon・楽天など)で購入はできますが、純正商品で取り揃えたい方にとって公式から販売されていないのは非常に残念な点と言えるでしょう。

IQOS(アイコス)のメリットを解説

アイコス メリット

続いては加熱式タバコの代表格と言っても過言ではないIQOS(アイコス)のメリットを解説していきます。

今からアイコスに移行しようとしている方やlil HYBRID(リルハイブリッド)とアイコスで迷っている方、アイコスを使用中だけどリルハイブリッドに興味がある方は是非参考にしてみてください。

リルハイブリッドに比べるとアイコスの方がここはメリットに感じるといった点を詳しく解説していきます。

  1. 紙巻きタバコに近い味わいと吸いごたえ
  2. タバコの種類が多い
  3. 純正のアクセサリー類が多い

アイコスのメリット①:紙巻きタバコに近い味わいと吸いごたえ

アイコスのメリット1つ目は紙巻きタバコに近い味わいと吸いごたえを感じれることです。

アイコスは他の加熱式タバコと比べ中心加熱方式を採用しているので、喫煙時の味や吸いごたえは紙巻きタバコに近い満足感があります

リルハイブリッドではここまでの吸いごたえを感じることはできないので、吸った際のキック感はアイコスの方が再現できていると言えるでしょう。

アイコスのメリット②:タバコの種類が多い

アイコスのメリット2つ目はタバコスティックの種類が多いことです。

味の種類はリルハイブリッドと同じレギュラー・メンソール・フレーバーメンソールが販売されていますが、それぞれの味の中から更にレギュラーの濃さ・メンソールの強弱・フレーバーの種類を選ぶことができます。

また、銘柄もマールボロとヒーツから選択できるので豊富な数から自分に合ったタバコを選べるのはかなり大きなメリットとして挙げられます。

アイコスヒートスティック 種類
アイコスマールボロ全19種類の値段や新作人気フレーバーまとめIQOS(アイコス)の中でもアイコス3デュオ・マルチで吸えるマールボロヒートスティック全19種類を解説!人気フレーバーや新作フレーバーをレギュラー・メンソール・フレーバー系に分けて特徴や値上げ後の値段、コンビニでの販売状況を解説しています。...
アイコスヒーツ 種類
アイコスヒーツ全11種類の味・値段・匂いやマールボロとの違いを解説この記事ではIQOS(アイコス)で吸えるヒーツを新作含めて全11種類ご紹介!レギュラー・メンソール・フレーバーメンソールの匂い・味・値段の口コミを始め、海外製のヒーツの種類やマールボロとの違い、ヒーツがまずいと言われる理由も解説しています。...

アイコスのメリット③:純正のアクセサリー類が多い

アイコスのメリット3つ目は純正から販売されているアクセサリー類が多いことです。

アイコス3マルチやアイコス3デュオに装着するキャップやドアカバーの色が数種類販売されているので、アイコスを使うに辺りカスタマイズを楽しめるのもメリットと言えます。

また純正のケースやカバー、灰皿などもアイコスオンライストアで販売されているので、アイコスでタバコグッズを個性豊かに演出することだって可能です。

レディー・ガガの衣装を手掛けるクリエイティブディレクター監修『ドクターベイプモデル2』

ドクターベイプモデル2ドクターベイプモデル2

アイコスはチャージャーとホルダーを用いて喫煙するデバイスですが、ドクターベイプモデル2は本体とPODのみで全てが完結する未来のタバコです。

デザインを監修したクリエイティブディレクターはあのレディ・ガガの衣装を手掛けるファッションプロデューサーが担当しており、持つだけで様になるスリムなデバイス設計。

しかしスリムと言っても吸いごたえはアイコスより勝るキック感!未来の次世代タバコとして注目されているドクターベイプモデル2が、今だけ特別価格の3,900円OFFで手に入るのは公式サイトドクターベイプモデル2だけです。

IQOS(アイコス)のデメリットを解説

アイコス デメリット

IQOS(アイコス)を使用するにあたってのメリットを3つ解説しましたので、続いてはアイコスのデメリットを解説していきます。

これから解説するアイコスのデメリットも含め、アイコスのメリットやlil HYBRID(リルハイブリッド)のメリット・デメリットは、実際に使用しているユーザーから最も多かった点を紹介しているので、かなり参考になる内容だと言えます。

使用者が最も多いアイコスのデメリットはどのような点が挙げられるのでしょうか?

  1. 煙が臭い
  2. クリーニングが面倒
  3. デバイスに当たり外れがある

アイコスのデメリット①:煙が臭い

アイコスのデメリット1つ目は煙が臭いことで、アイコス特有の臭いに抵抗感や嫌悪感を抱く方も少なくありません。

アイコス発売当時はかなりアイコスの臭いに対する不満も挙げられ、非喫煙者はもちろん喫煙者からも「臭い」と酷評でした。実際に筆者自身もアイコスの臭いに慣れるまで3日間もの時間を要したほどです。

しかし、アイコスで喫煙をしていると段々と慣れてくるので、慣れてしまえば味や臭いの不快さはそこまで感じることは無いと言えます。

アイコスのデメリット②:クリーニングが面倒

アイコスのデメリット2つ目はクリーニングが面倒なことです。

アイコスの特性上、ホルダーの内部にタバコの葉カスが溜まってしまうので、20本に1回ペースでクリーニングが必要になります。

しかし、このクリーニングは結構面倒に感じることが多い上に掃除中に加熱ブレードが折れたという声もあるので、掃除と言えど慎重に行わなければいけません。

アイコスのデメリット③:デバイスに当たり外れがある

アイコスのデメリット3つ目はデバイスに当たり外れがあることです。

アイコスを含めた加熱式タバコは精密機器のため、使用していると故障といったデメリットもありますが、アイコスはデバイスによって故障しやすい・しにくいといった当たり外れがデメリットとして挙げられます。

製品登録を行えば保証期間が1年間に延長されるサービスを提供していますが、1年に何度も故障するアイコスもあれば全く問題なく使用できる場合もあります。

※使用環境で故障しやすい可能性も考えられます。
アイコス3デュオ 赤点滅
アイコス3デュオの赤点滅は故障?チャージャーとホルダー別の対処法を解説!IQOS 3 DUO(アイコス3デュオ)のチャージャーやホルダーが赤点滅になったときの原因と対処法をご紹介します。最も有効的な直し方の「アイコス3デュオのリセット手順」や白点滅・故障の対処法もまとめたのでお困りの方は是非参考にしてください。...

lil HYBRID(リルハイブリッド)とIQOS(アイコス)はどっちが良い?

リルハイブリッド アイコス おすすめ

ここまでlil HYBRID(リルハイブリッド)とIQOS(アイコス)の違いやメリット・デメリットを解説していきましたが、結局どっちが自分に合っているのか判断しかねている方も多いのではないでしょうか?

ここからはリルハイブリッドがおすすめな方とアイコスがおすすめな方を先ほど解説した双方のメリット・デメリットを兼ね合わせて紹介していきます。

アイコスからリルハイブリッドに移行を考えている方やリルハイブリッドとアイコスどっちを買おうか迷っている方は是非参考にしてみてください。

リルハイブリッドがおすすめな人

リルハイブリッドのおすすめポイント
  • アイコスの味・臭いに慣れない人
  • 有害成分を抑えてタバコを喫煙したい人
  • シンプルな操作でタバコを楽しみたい人

アイコス特有の味・臭いに慣れない方はリルハイブリッドがおすすめです。また、オートスタート機能を搭載しているリルハイブリッドなら操作を覚える必要もないので、誰でも簡単に使いこなすことが可能です。

リルハイブリッドはアイコスより有害成分が少ない加熱式タバコでもあるので、健康被害のことが気になるならリルハイブリッドがおすすめと言えるでしょう。

リルハイブリッド 害
lil HYBRID(リルハイブリッド)に有害成分はあるか解説!加熱式タバコ「lil HYBRID(リルハイブリッド)」にニコチン・タールを始めとした有害成分はあるのか?リルハイブリッド以外の加熱式タバコに含有するニコチン量・タール量や副作用・害についてもご紹介しているので有害成分が気になる方は必見!...

アイコスがおすすめな人

アイコスのおすすめポイント
  • 紙巻きタバコのような吸いごたえを求めている人
  • 色々なタバコを吸ってみたい人
  • デバイスの重量を軽くしたい人

リルハイブリッドは軽い吸いごたえのため、吸った際のキック感を最重視するのであればアイコスがおすすめです。また、アイコスであれば専用のタバコスティックが豊富に販売されているので、自分に合ったタバコを見つけることもできます。

デバイスもスリムなデバイス設計を採用しており、ポケットやカバンに入れてもかさ張らないので、重さを気にする方はアイコスが断然おすすめの加熱式タバコと言えるでしょう。

アイコスイルマ
アイコス4の噂「ILUMA」の発売日は2021年9月2日に確定2021年9月2日(木)に新型IQOS4「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)・IQOS ILUMA PRIME(アイコスイルマプライム)」が発売することが確定しました。ここでは新型アイコス4の新機能や全国コンビニ発売日を徹底解説!...

lil HYBRID(リルハイブリッド)でIQOS(アイコス)は使える?互換性や違いのまとめ

ドクタースティック バナー

ここまで、lil HYBRID(リルハイブリッド)とIQOS(アイコス)どっちもに互換性があるのか?違いは何か?を始め、双方のデバイスでタバコスティックが吸えるのかを検証した内容を解説致しました。

検証した結果、リルハイブリッドとアイコスでそれぞれのタバコスティックを吸うことは不可能ですし、無理に吸おうとすると故障の原因に繋がることがわかりました。

リルハイブリッドはリルハイブリッドのタバコスティック、アイコスはアイコスのタバコスティックを挿入して煙を楽しむようにしてください。

また、リルハイブリッドは吸いごたえが全く満足できない加熱式タバコですが、ドクタースティックであれば申し分なしの吸いごたえを体感できる次世代タバコです。お得な8,000円OFFで購入したい方は、公式サイトでの購入を強くおすすめします。

ABOUT ME
GINO
愛煙家の家族の元で健やかに育ち20歳から喫煙デビュー。メビウスを吸っていましたが、健康被害の観点から全ての加熱式タバコを制覇しました。メインはアイコスですが基本何でも吸います。禁煙も何度か成功しているので、喫煙者側と禁煙成功者視点からタバコ情報をお届けします。
誰もが吸っている最強タバコ『Dr.Stick』が今だけ8,000円割引!
ドクタースティック CTA

毎日飛ぶように売れている「Dr.Stick(ドクタースティック)」は、今までとは比べものにならないほどの確かな吸いごたえを実感できる令和時代最強のタバコと称されています。

数多くの芸能人もこぞって愛煙していることからTwitterやInstagramを始め、各SNSで人気爆発中。今となっては一度も吸ったことがない方や名前すら聞いてもピンと来ない方は時代遅れ!と笑われてしまうほどに日本で大ブームのタバコなんです。

そんな誰もが吸っているドクタースティックが今だけ限定で8,000円OFF+30日間全額返金保証付きで購入できる破格のキャンペーンを実施中。しかし、このお得なキャンペーンは終了間近なので、まだドクタースティックを試していない方はお急ぎください!